読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


Medium日本が始動したぞ~新しいメディアに参加するならそれが始まった時?!


 Mediumの素晴らしさについては、何回か記事を書いてきた。
 最近では、Mediumでみつけた素晴らしい記事を翻訳し、Mediumのなかで掲載させていただいている。
 Alexaでいま調べてみたら、そのランクがますます上がっている。
 

■2013年10月27日 

f:id:yumejitsugen1:20131026170227p:plain

■2014年5月27日

f:id:yumejitsugen1:20140527072826j:plain

■2015年2月16日

f:id:yumejitsugen1:20150216113813j:plain


 僕の実感としては、Mediumはネット上の『高品質な雑誌』のようなものであり、そういう意味でマインドシェアはすでにNO1の地位を確立していると思う。
 Mediumの創業者はTwitterの創業者でもあるEvan Williams氏であり、さすがというほかない。
 
 さて、そんなMediumだが、この1月にMedium日本チームが発足したそうだ。
 日本でもその素晴らしさが実現するのか、とても楽しみだ。
 日本の場合、もちろん、はてなさんを始め充実した先行サービスがあるし、日本語という特殊性もあるので、今後どういう展開になるのかはっきりとはわからないが、僕は日本でもMediumはばけると思っている。

 ところで、イアン・サンダースさんの記事に(僕がMediumで翻訳した)、メディアの企業に参加するタイミングでベストな時は、それが始まった時だという話があった。
 Medium日本も、今が、さまざまな方法で参加する、最大のチャンスだと思う。

 たとえば、お気に入りの記事を翻訳する。
 たとえば、自分の記事の中から、自信のあるものをピックアップして、Mediumに転載する。
 Mediumへの転載は、SEO上どうかと思う方もおられるかと思うが、Mediumの本家の人気記事の多くは、筆者が自分のサイトから選んでMediumに投稿したものである。

 というようなことを思っていたら、なんとMediumの日本の担当の方から連絡があった。
 わくわく!

 
 さあ、あなたも、これからはMediumですよ!

Twitter 公式アカウント 
* FBページ 


Medium Japan | Facebook

 

 *Mediumに関する過去記事(内容は記事執筆後かなりかわっている部分もあります)

新しいブログのプラットフォームMediumがその存在感をどんどん増している件 - ICHIROYAのブログ

 

新しいブログのプラットフォームMediumの歩き方(初歩) - ICHIROYAのブログ