読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


初孫にはキラキラネームを!

f:id:yumejitsugen1:20121229074823j:plain
by baseballBacks

 2月に出産予定の長女が帰省中で、仕事を終えて家に帰ると、大きなおなかを抱えてのったりと夕食の準備をしている。

かつては、料理など無縁で、自分の好きなことだけをして飛び回っていた彼女が、毎日、楽しそうに料理をしている風景。
ありえない。
ふと気がつくと、座り込んで、涎掛けの刺繍なんかをしていたりして。
いつから、針仕事なんて、するようになったんだよ。
おい、気は確かか。

何か月ものあいだ、超音波の検査のたびに、子宮のなかで位置を変えて、性別を悟らせなかった恥ずかしがり屋のあいつも、直近の検査で、ついに局部の映像がとらえられ、性別が判明した。

初孫は、オンナであった。

いま、気になるのは、名前である。
変な名前をつけようとしている。

何度か聞いたが、いま、書こうとして、覚えていないことに気がついた。
めちゃくちゃトンでもいないけど、ちょっと、変わった名前なのだ。
そんなだから、覚えられないんだよ!

どうも、最近のひとは、ちょっと変わった個性的な名前をつけたがるような気がする。と思って調べたら、そういう変わった名前を、最近じゃ、「キラキラネーム」と言うらしい。

ちょうど、明治安田生命の2012年名前ランキングというのが発表されていた。

オンナのベスト10は、


(1)結衣、(2)陽菜、(3)結菜、(4)結愛、(4)ひなた、心春、(7)心愛、(8)凜、(9)美桜、芽依、優奈、美結、心咲

となっている。
なんだこりゃ、キラキラネームのベスト10かと思ったら、実際につけられた名前の多い順である。

そもそも、読めもしない。
ぜったいに、「”ような”さん」「ムッ! ちがいます! ”ひな”です」という間違いがおきず、安心して読めるのは、ひらがなの「ひなた」ちゃんだけである。

「心愛」なんて、いったい、なんと読ませるのかと思ったら、読ませ方もさまざまで、「ココア」「ココナ」「ミア」「コア」「ココロ」「リズナ」などである、と書かれている

こんなことを書いている自分が、あまりにも「最近の若いもんは」的ジジイに思え、情けなくなってきたので、これ以上の論評はやめる。

それにしても、このリストを見て思うのだ。

 


「自分たち独自」の思いをこめて、「自分たちならではの特色のある」名前をつけたと思ったら、幼稚園に入れたら、ちょっと変わった、ちょっと読みにくい、おんなじ名前の子が、何人かいて、がっかり、てなことにはならないのか、と。


どうせ、子供なんか、親の思いをこめて名前をつけても、そのとおりにはならない。
反発して、マギャクの人生を歩むのがオチである。
テキトーに、あっさりして、読みやすく、覚えやすい名前をつけりゃいいのだ。

 

俺の名前は、「一郎」。
「いちろう」と読む。

何か文句あっか?