読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


人気ブログへの道(実名ブログは人生だ!)(4)

f:id:yumejitsugen1:20120803143303j:plain


このブログも連日の投稿を始めて150日を越えた。
日々のアクセスは、ユニークユーザー250~350人、300~500ページビュー程度である。
いろんな人のブログを読んだり、自分としてもいろいろと考えている。

*500PV程度で頭打ち

500PVあたりが、正攻法で、普通に到達できる到達点ではないかと思う。
毎日、新たに読んでくれるかたも現れるけど、読むのをやめるかたもいる。
いまのPVが、その平衡点である気がする。

*物議をかもす

どうすれば、大きなアクセスをいただけるか、ずっと考えてきた。
やっぱり、どこにも書いていないことを、書かないとだめだ。
新聞を開けば書いてあるようなこと、正論をいまさら書いても、意味はない。
「物議をかもす」ほどの、なで斬りの意見を書けば、反論の山となり、アクセスが殺到することもある。

たとえば、人気ブロガーChikirinさんは、「アフリカが発展しない理由」で「この際もう一度、アフリカ大陸を西欧の植民地にしたほうがいいんじゃないの?」と書かれている。詳しくは記事を読んでいただきたいけど、1173ものブックマークがついており、議論沸騰した様子がうかがえる。
ブログではないけど、Twitterでも、「日本から工場がなくなると雇用が確保できない」とか言う人って、自分の子供や孫を工場で働かせたい、って思ってるのかな。」などと発言して、まさに、物議をかもしている。

しかし、もちろん、僕はChikirinさんのようなことは、書けもしないし、書きたくもない。
「正論」っていうのは、つまらなくても、無駄にひとびとを傷つけないが故に「正論」なのであって、偏った意見を述べれば、必ず、誰かを傷つけることになってしまう。

*企画がすべて
 
いつも参考にさせてもらっているかん吉さんは、「良い「コンセプト」がなければ、その努力は徒労に終わる」というエントリーで「コンセプト」の重要性を書かれている。
ぼくも、「企画」がすべてだと思う。
これだけ情報があふれていて、忙しい毎日のなかで、多くのひとに足をとめてもらって、何分か耳を傾けていただくために、何が必要なのか。
街頭演説と同じで、普通に、普通のことをしゃべっていれば、だれも足を止めてくれない。しかし、たとえば、えがちゃんみたいな人がそこに登場すれば、何をするのかと、きっと人だかりになる。
ひと目でわかる企画、そして、ひとに話したくなる内容が必要なのだ。

*実名ブログは人生そのもの

結局のところ、「何を書くか、どんなブログにするのか」ということは、「どう生きるのか」、ということと同じ意味なんだと思う。
とくに、実名でするブログの企画、コンセプトとは、人生で何をするか、どう生きるかという意図そのものなんだと思う。

じゃあ、僕はこのブログで、どんな企画をやっていくのか。このブログをどんなコンセプトにしていくのか。
まだ、答えはないけれど、以前ほど、焦っていない。アクセス数を見る回数も大幅に減った。

そのうち、みつかるんじゃないか、と楽観的に思っている。
というか、みつからないかもしれないし、みつかったと思っても、ブログがそれで人気になるかどうかは、わからない、それでもいいか、と思っている。

やっぱり、精一杯、自分らしい良い生き方をするのが目標で、「人気ブログ」をつくることが生きる目標ではないもの。
それで僕がしたいと思っていることができなかったとしても、それが僕の人生なので、仕方がない。

でも、当分、このブログは続けようと思っている。
こうして、「毎日書き続けること」が、よい文章修行になり、そのフィードバックを得ることで、たくさんのヒントをいただけるからだ。
また、ブログで書くことで、僕の行動が良い方向に向かう、という面もある。

ということで、まだしばらく、ブログの更新は続けますので、よろしければ、お時間があるときにお付き合いください。
よろしくお願いします!

(以前の記事)

人気ブログへの道(90日間連続投稿をやってみた)(1)

人気ブログへの道(敗北宣言か)(2)

人気ブログへの道(一筋の光が見えた?)(3) 

 

( 写真 ともし火はどこにある~~ 塩瀬名古屋帯