読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


映画『セッション』に見た至高のものを求める道

f:id:yumejitsugen1:20150504085537j:plain

 

 映画『セッション』だが、とても良かった。

 ふたつの道がある。
 
 ひとつの道は、ひたすら至高のものを求める道だ。世界最高の演奏、世界最高のアート、世界最高の製品を目指す。
 そのためには多くのものを犠牲にして、極限まで努力しなくてはならない。

 もうひとつの道は、ベターなものを目指して、バランスを取りながら進む道だ。
 犠牲にするものもあるが、人生にはほかにも大切なものがある。
 健康や家族や友情や静かな時間。それを守りながら、ベターなものを目指して努力する。

 至高のものを求める道を行く人は、激しい感情を持っている。
 至高のものへの強い愛情と、中途半端なものへの激烈な憎悪。
 その鋭利さが周囲の人を傷つけずにはおかない。

 ベターなものを求める人は、至高のものを求める人を理解できない。
 至高のものを求める人は、ベターなものを求める人に、至高のものを目指すように強要しがちだ。
 それができないなら去れと言わんばかりだ。
 それが嫌で去れるものは良いが、去れない事情のあるものには、地獄となる。

 では、至高のものを求める人のもとに(圧倒的な力をもっている人のもとに)、同じく至高のものを求める人がやってきて教えを乞うとしたら、どうなるのだろうか?
 壮絶な指導を耐えぬいて、そこには、究極の師弟愛が生まれるのだろうか?

 そこでどんなドラマが展開され、最後の最後に、一瞬の火花のように生成されるものがなにか。
 映画『セッション』が描いてみせるそのドラマと結末は、あまりにリアルだ。
 そのストーリーは想像を超えているが、甘っちょろい想像を超えて、はるかに激烈にリアルなのである。
  
 そして、僕は思った。
 やはり僕は、「至高のものを求める道」を行く人間にはなれそうにないと。
 あなたはどんな感想を抱かれるだろうか・・・
 

session.gaga.ne.jp

 

photo by Kai Engel