読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


3つのパートタイムをかけもちしていたシングルマザーがTwitterで夢を実現した方法

f:id:yumejitsugen1:20141117065531j:plain

 

 次から次へと新しいソーシャルメディアが生まれて、食傷気味になっているのは僕だけではないだろう。
 僕は最近Twitterの使い方を見直しつつあるのだが、twitterの使い方の理想的なありかたというものが、いまひとつ見えていないところがある。
 たまたま、今朝、ひとつのモデルをみつけたので紹介したい。
 

 0 to 100k – How Twitter Turned a Dream into a National Brand in One Year

 (ゼロから10万人ーTwitterが、いかにして、たった1年で夢をひとつのナショナルブランドにつくりあげたか)

 この記事の著者は、K.P.Kellyさんというソーシャルメディアマーケッターで、数多くのブランドのTwitterのアカウントを急成長させたという人だ。
 この記事で語られているのは、@MacJoFitというTwitterアカウントの話である。
 このアカウントは Makenna Joさんが健康とフィットネスの情報を提供しているもので、フォロアー数は13万人、彼女のビジネスの売上の50%はTwitterから直接生み出されているそうだ。
 このアカウントはK.P.Kellyさんがアドバイスをして、もっとも急成長したアカウントのひとつで、1年弱で10万人のフォロアーが増えたという。
 3つのパートタイムをかけもちしていたシングルマザーのMakkennaさんはこのアカウントの急成長のおかげで、いまではナショナルブランドに育ったこのアカウント仕事を専業とし、世界中の健康やフィットネスに興味のある人々にポジティブなメッセージを送っているという。

 K.P.Kellyさんによると、その方法はこうだ。

1.ターゲットを設定

クリーブランドから50マイル以内に住む30~55才の女性
*アメリカに住んで健康やフィットネスやダイエットに興味のある30~55才の女性
*上記の人たちをターゲットとする人を顧客としている会社

2.tweetの頻度と内容

*ローカルコミュニティやトレンドトピックスについて1日に5tweet
*健康やフィットネス記事へのリンクを1日に10tweet
*モチベーションのあがる名言を1日3~5tweet
*健康やフィットネスに関連のあるtweetretweetを1日5回(フォロアーのtweetretweet含む)
*販売告知を1日5tweet

 

 このやりかたで、1年弱で10万人のフォロアーの獲得と継続的な充分な収益、ブランドの確立を成し遂げられたのだが、もう少し細かな成果が元記事には書かれているので興味のある方は元記事をご覧いただきたい。

 僕がこの記事で驚いたことは、この成果を産んだのが毎日のわずか30tweetであるという点だ。
 たくさんの方にフォローしてもらうためには、有名人であるか、とんでもなくユニークなことをつぶやき続けるか、もしくは、圧倒的な時間をtwitterに費やすようなことが必要なのではないかと思っていた。
  しかし、K.P.Kellyさんの言うことが正しいとすれば、ターゲットを絞って、そのターゲットが必要とする情報を毎日25tweetしつづけ、しかも、5tweetは正直に私から買ってくださいと言い続けても、フォローしてくれる人はどんどん増えていくのである。
 ただし、もちろん、tweetで提供する情報は常にフレッシュで役に立つものである必要はあるだろうけれど。
 
 僕の場合、ここ3年ぐらい、Twitterを積極的に活用してこなかった。 
 そして、久しぶりにちゃんと使ってみようとしたら、なにをどうやってどれくらい呟いたらいいものか、ガイドラインとなるようなものがなく、戸惑っていた。
 この記事は、そういう僕にとって、とても参考になる内容だった。
 もちろん、アメリカと日本ではTwitterの使われ方には違いもあるだろうけど、直感的には、そこで紹介されている方法は正しいように思う。

 あなたのTwitterの使い方の参考にもなると嬉しい。