読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


成功者にとっての同窓会、失敗者にとっての同窓会

f:id:yumejitsugen1:20140712065343p:plain


 釣りの世界には「ヘラに始まりヘラに終わる」と言う言葉がある。
 「ヘラ」とは近所の野池などにいる「ヘラブナ」を釣ることで、手軽なことから少年時代にヘラブナ釣りから釣りに入る人も多い。
 ヘラブナで釣りの楽しさを覚えると、違う魚を違うテクニックで釣ってみたくなり、渓流へ行ってイワナを狙ったり、波止へ行ってチヌを狙ったり、ボートでガーラ(ロウニンアジ)を狙ったり、はてはカジキ釣りに至る人もいる。
 より大きな珍しい魚を求めて、より自然の素晴らしさを味わえる釣り場を求めて、より大きな興奮を求めて、仲間たちに誇れるより大きな釣果を求めて。
 その旅は果てしなく続く。
 だが、やがて歳をとり、渓流に入っていく体力も揺れる甲板に踏ん張って思いルアーを投げ続ける意志力も失って、釣り人は近所の野池に帰ってくる。
 そして、そこで「ヘラブナ釣り」の楽しみの奥深さを、「釣り」そのものの楽しみの原点をもう一度味わうことになる。
 
 大先輩が先日故郷の石川県へ帰って同窓会をされたそうだ。
 いまはみな65才前後だけど、若いころはともにデザインを習っていた仲間だ。
 その大先輩はデザインの分野でも様々な賞をもらわれた人だけど、その大先輩がとてもかなわないと思う人がいたそうだ。
 彼の描くものは周りから突き抜けていて、将来間違いなくオオモノになるだろうと皆に思われていたし、大先輩も彼に負けたくないという一心で頑張ってきたという。
 しかし、彼は同窓会の誘いに応じないという。
 「おれは、人生の失敗者だ。ずっと田舎にいて、何もできなかった。人生の成功者であるお前らに会いたくなんかない。そっとしておいてくれ」
 ということだったらしい。
 だけど、もちろん、みんな(といってもとくに仲の良かった数人)で次々に電話をかけて、「そういうな。成功も失敗もあるものか。みんなそれぞれの荷物を背負って、運に翻弄されながら、なんとか精一杯生きてきただけじゃないか。みんなで会って酒の一杯も飲めずに、いったいなんの人生か!」と言ってなんとか誘いだしたそうだ。

 そういえば、うちの嫁のお父さんは、お母さんが亡くなって、うちに来てからみるみる認知症がひどくなったのだが、何度も何度も電話をかけてこられて、お父さんの容体をずっと気にしておられたのは、お父さんの学生時代の友達の方々だった。

 今、30センチを超えるイワナを狙って、渓流の崖をよじ登っている若者たちよ。
 潮風を受けながらトローリングでカジキのあたりを今か今かと待っている若者たちよ。
 仲間たちの誰よりも大きな魚をゲットするために、夢中になれ。
 誰よりも高い崖をよじ登り、誰よりも長時間竿を出し続けろ。

 でも、釣果がどうであれ、いつか歳をとったら、
 通いなれた故郷の野池のヘラに帰って来いよ。 
 そこには、成功も失敗も上も下もない。
 昔の釣果なんて誰も気にしない。
 40センチを超えるイワナの大物も、ぶら下げて写真を撮ったカジキも、もうこの世には存在しない。
 目の前の池にはやっぱりヘラブナがいて、浮きの動きに心臓がバクバクする、あの釣りの楽しみがある。
 
 そこには、本当の友達と奥深い人生のよろこびが待っている。
 

photo by Theophilos Papadopoulos