読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


あなたの愛犬の毛で、セーターや紬の着物つくります!(ドッグウール時代の幕開けだ)

f:id:yumejitsugen1:20130606055212j:plain
by walt74



ペットブームを反映して、犬や猫の柄の着物や帯が人気だ。
もちろん、僕も犬好き人間なので、そういったモノ、上前に子犬が染められていたり、帯に猫の刺繍がされていたりするもがあると、ついつい、仕入れてしまう。

でも、どうしても、そういったものの数は限られている。
うちでオリジナルをつくるか?
いや、いっそ作るなら、誰もつくったことのないものを・・・

そうだ!
うちは、「犬や猫の絵を描く」から、もう一歩進んで、犬や猫の毛を、着物や帯に織りこんだ、「犬織帯」や「猫紬」をつくったらどうだろう!

うちのラブは、短毛だけど、春の抜け毛は凄まじく、室内には、掃除をしても掃除をしても、毎日、雪のように毛が降り積もる。
さっと自分の周りをなぞって集めるだけで、テニスボールほどの玉ができてしまう。

これを紡いで糸にし、それを織って布にすればいいんじゃないか!
しかも、「あなたの愛犬の抜け毛を集めて送ってください。愛犬の思い出を永遠に残す紬の着物をつくります!」とうたえば、人気沸騰間違いなしだ!

また、馬鹿なことをいうヤツって、思うでしょ?

でも、あなたの頭が固いのかも。

だって、上の写真は、愛犬の毛を集めてつくったものだ。
ほかにも、こちらのページには、愛犬の毛でつくったセーターを着て、愛犬といっしょに写真に収まっている画像がたくさんある。

じつは、ドッグウールの時代が、僕らの知らないところで、幕開けを迎えていたのだ。

ドッグウールセーターも、愛犬帯も愛猫紬も、ぜんぜん、ありえない話じゃないのだ。
やるか、やらないか、だけだ・・・

やらないけど。