読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


『ICHIROYA ビジネス・スピーキング・スクール』の開校はまもなくです!

f:id:yumejitsugen1:20141216065009j:plain
                                                                                         photo by Brisbane City Council


 あなたは喋るのが苦手と思っていませんか。
 口頭表現力は、ビジネスや人生の成功のためには、大きな武器となります。
 苦手なままに放置しておくと、いざという時、最大のチャンスが訪れたときに、あなたは立ち往生して、それをつかむことができず、そのことを一生後悔するはめに陥らないとも限りません。
 諦めるのは早すぎます。
 喋るのが得意な人とそうでない人はもちろん存在しますが、苦手な人といえども、訓練によって必要十分な能力を獲得できるスキルなのです。
 当『ICHIROYA ビジネス・スピーキング・スクール』では、主にビジネスの場で必要とされるスピーキング・スキルを徹底的に学べるカリキュラムを提供しております。
 
 当講座は4つのコースに分かれています。
 それぞれのコースをご紹介しましょう。

(1)パブリック・スピーキング・コース

 
 ビジネスの現場において、多人数を相手にメッセージを効率的に伝えることは、必須のスキルです。
 当コースでは、教室で数人の受講生を相手に話すことからはじめ、駅前でみかん箱の上に立って、できもしないことをさもできるかのように論じたてたり、「安いよ!安いよ!そこの赤い服をきたお嬢さん、寄って行って、寄って行って」とどこかの市場で安くもない売れ残りのワゴンの呼び込みをしたり、あるいは、バスガイドとしてほとんどの乗客は中国人の富士五湖周遊の観光バスに同乗したりします。徹底的な実践で人前で恥をかく、そのことについて、鉄面皮となる訓練をするのです。
 卒業課題は、1000人の聴衆、早く帰りたくて殺気立っている聴衆の前で、「幸せとは何か」について10分語っていただくことになっています。
 

(2)プレゼンテーション・コース
  

 お客様や上司に対して、的確なプレゼンテーションができることも、重要なスキルです。話す相手は少なくても、その相手が重要人物でとても忙しかったり、懐疑心でいっぱいであったりするので、いかに短時間で要点を伝え、「一生、お前からは買いたくない」あるいは「一生、お前の提案なんてOKせん」と思っている相手を、180度方向転換させ、納得させることができるかが、ポイントとなります。
 このコースは資料作りのノウハウを含みます。
 たとえ、それが何千ページにも及ぶ内容を含むものであったとしても、A4サイズ一枚の資料にまとめ(たとえ、文字が小さくなりすぎて虫眼鏡が必要になったとしても)、要点のみを簡潔に力強く伝えるスキルを学ぶのです。
 相手が求めている結論はなにか、それを具現化する内容にすることが肝要です。
 しかし、相手の望みを叶えられないとわかったときには、包丁をテーブルの上に出す、あるいは、大泣きに泣いてみせるなどの、奥の手の使い方も学びます。  


(3)会議の司会、仕切り・コース

 
 会議の仕切りは、見過ごされがちですが、重要なスキルです。
 とくに、会社での地位が上がるにしたがって、その重要度は増します。
 おそらく、あなたが毎日駆りだされている会議、あのなんの意味もないクソ会議も、不思議と落ち着くところに落ち着いているのではないでしょうか。
 それは、招集責任者が「会議を仕切る」スキルを身につけていることによって、はじめて可能となります。
 このコースも、実践を主にすすめていきます。
 大坂のおばさんや頑固な爺さんを数人集めますので、あなたには、その会議で、さまざまな課題を議論していただき、結論を出していただくことになります。そして、会議が終わったあとには、その数人が、皆、納得している状態にすることが必要です。
 たとえば、「早起きは三文の得」というのはほんとうかというような議題について、議論していただきます。
 そこで議論が噛み合うかどうかということは、二の次です。
 まず、発狂しない術を学ぶことになります。

 

(4)ディベート・コース

 

 あなたには、自分が正しいことを言っているはずなのに、からなず言い負かされてしまう上司や同輩はいないでしょうか。彼らは、白を黒とも言って納得させうるディベート、議論のスキルをもっているのです。
 あなたが、正しくないのではなくて、あなたが、正しいことを伝えるスキルがないのです。あるいは、そのスキルにおいて、あなたが劣っているのです。けっして、あなたは、自分が間違っているかもしれない、などと思う必要はないのです。
 あなたがディベートのスキルを正しく身につけたら、あなたは、あなたの嫌いな上司に、デスクで生の人参をかじらせることだって可能となります。 
 ディベートのスキルは揚げ足をとって相手をギャフンと言わせるのが目的ではなく、そういった創造的な結果すらもたらすスキルであることを、あなたは学ぶことになるでしょう。


 以上の、4つのコースを修了すれば、話すことに苦手意識のあるあなたでも、ビジネスや人生において、最高のサクセスを手にすることができるようになるでしょう。
 話すこと、それによって、人を動かすことは、だれにも備わった天賦の才能で、それは磨きさえすれば良いのです。

『ICHIROYA ビジネス・スピーキング・スクール』の開校はまもなくです!

 

そんな学校ほんとにないかな。
喋るの苦手やわ