読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


何歳になっても、辛くて、カッコ悪い

f:id:yumejitsugen1:20150407071602j:plain


 辛くて、カッコ悪い。

 それなりの歳のオヤジになれば、カッコ良くて、自信に満ちてゆったりしていれるものかと思っていた。
 僕は何歳になっても、辛くて、カッコ悪い。

 本を出せば、自信たっぷりになり、カッコよくいれるのかと思った。
 自分の恥ずかしい失敗を晒した内容で、そもそもそれがカッコ悪く、諸先輩や後輩の顔が浮かんで辛くて仕方がなかった。
 出したら出したで、売れないと出版社さんにも迷惑をかけるし、次もなくなる。
 なにがなんでも売れてくれないと、カッコ悪くて、辛い。
 友達みんなに宣伝した。
 カッコ悪くて辛かったけど、僕の本を読んでください、誰か寄贈する先を教えてくださいと頼んだ。

 みんなの支援のおかげで重版が決まった。(ありがとう!)
 お礼にパーティがしたくなった。
 みんなそれなりの歳でそれぞれの重荷を背負って歩いている。
 今のみんなに足りないのは、歌うこと、祈ること、そして、踊ることだ!と高揚して、ディスコパーティをすると宣言した。

 ダンスの練習をはじめた。
 とても娘や嫁に見せることはできない。
 自分で見ていても鏡のなかの不器用な僕はカッコ悪い。
 すぐに息があがって辛い。

 パーティに、みんな本当に来てくれるのだろうか?
 白けずに、楽しんでくれるのだろうか?
 挨拶で滑らないだろうか?
 パーティがうまくいかなかったら、せっかく来ていただいた人に申し訳ない。
 カッコ悪くて、辛い。

 おかげで多くの人が、わざわざ時間を割いて、梅田まで来てくださるとおっしゃってくれた。
 
 長女に教えられて、ドン・キホーテに行き、金髪のアフロヘアーの鬘を買った。
 ライトが仕込まれていて、光るやつだ。
 こっそりと鏡の前でつけてみて、ピカピカやってみる。
 これは辛くはないが、カッコ悪いこと極まりない。
   
 本業の着物の商売のほうも、数人程度、新しい仲間を迎えて、作業する時間を増やした。
 新しいサイト・フロントの発注もした。そのサイトのために、ある高額なソフトを導入する予定だ。
 新卒の新入社員もはじめてひとり迎え入れた。
 なにがなんでも売上を伸ばさなければならない。
 ちょっと売上の悪い日が続くと、とたんに不安になる。
 売上は計算どおりに伸びるだろうか?
 新しいサイトは予定しているように稼働するだろうか?
 一喜一憂して不安になっている様はまことにカッコ悪い。
 そして、もちろん、うまく行かなければ、カッコ悪くて、辛い。
 まったくもって、辛い。
 
 会社というのは、ある程度成長すれば、どこかの時点で穏やかな高原のような場所に達し、ゆっくりと安心できるものかと想像していた。
 自分と家族だけならそうなったのかもしれない。
 だけど、社員のがんばる姿や、その家族のことを考えると、そんな気持ちは吹き飛んでしまう。
 カッコ悪かろうが、辛かろうが、売上は伸ばさなければならない。 


 書くことも、本も、パーティも、そんなに重荷なら、やめたらいいのに、と妻が言う。
 いや、違うんだと。
 僕は思いっきりカッコをつけて言ってみた。
 
 辛くて、カッコ悪いのが、まさに僕の人生なんだ、と。