読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


居眠り運転防止に、新技術『聴くコーヒーAudio Coffee』はいかが?

f:id:yumejitsugen1:20140616072212j:plain


 居眠り運転による事故って、世界中でいったいどれほどあるのだろうか。
 実数はわからないが、その総数が相当なものであることは容易に想像がつく。
 僕も自営をはじめてしばらくは、ちゃんと睡眠時間がとれず、それでも仕入れのための長距離運転が必要だったので、眠い中をよく無理やり運転したものだ。
 ちゃんと目は開いていて中央分離帯の白い線は見えているのに、みるみる視界からそれがそれていく。その意味をアタマでは理解できず、側壁ギリギリでふと我に帰って、ハンドルを戻し冷や汗が吹き出す、というような経験もした。
 車を停めて、30分でも寝ると良いのはわかっていても、それも難しいときもある。

 それで、サービスエリアで売っているさまざまな「眠気覚まし」アイテムを試した。しかし、眠気が強烈なときは、どれほど強烈に効きそうなアイテムでも効き目は薄かった。
 で、僕が最後に辿り着いた「眠気覚まし」アイテムは、スルメであった。
 長いスルメを口にほうりこんで、口の中で転がしていると、スルメが口内のあちこちにあたって、脳内のどこかがうまく刺激されるらしいのだ。
 そもそもスルメを食べるにはある程度の時間がかかるし、スルメをキャンディみたいに食べると、もっと時間がかかる。その間中、スルメ刺激されて、どんな「眠気覚ましアイテム」よりも、眠気から開放された。
 劇的に効いた。
 たったひとつの悪い点は、車内がめちゃくちゃスルメ臭くなることだ。
 でも、スルメ臭いくらいなんだ! 居眠り運転で事故を起こすよりずっとマシだ。

 ということで、僕はこの事実「運転中の眠気覚ましにはスルメが一番効く!」を世界に周知したいと、かねがね思っている。
 なぜだか、いくら言っても、それを本当に試してくれるひとはおらず、たったひとりコメントで賛同してくれた方がいただけだが。
 なぜ!?
 みんな、スルメが嫌いなの?

 ところで、スルメではカッコ悪いという人のために、よく効くかもしれない、最新の技術を紹介しよう。
 それは、先の記事で紹介した「Pay Per Laugh」と同様に、「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」の今年のイノベーション部門にノミネートされ、現在最終候補に残っているもので、「Audio Coffee」という。(カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルイノベーション部門最終選考通過のリストはこちらにある)
 
 


 これは最新のinfrasonics(超低周波研究)からドイツで考案されたもので、コーヒーショップチェーンのDeli Starと共同でサービスが開始されている。
 ひとことで言うと、「コーヒーつまりカフェインの眠気覚ましの効果と同じようなものを、ある音楽を聴くことで得られるシステム」である。
 動画のなかでそれは「Binaural Beats(両耳でビート)」と呼ばれているが、たとえば、左耳で425Hzの音を、右耳で440Hzの音を同時に聴くと、脳が活性化され眠気が覚めるというものだ。

 もちろん、僕も半信半疑だ。
 そんなことで眠気から覚めることができたら、ほんとうに素晴らしい。
 その音楽をすでに彼らのHPからストリーミングで聴けるしダウンロードもできるようになっている。(右下「Die Musik」をクリック)
 僕もちょっとだけ試してみたが、いま現在そういう状況にないので、本当に効くのかどうかはまだわからない。
 しかし、ほんとうに効果が高いものなら、素晴らしいと思う。何万人、ひょっとしたら何百万人という人を救うことになる。

 でもね。
 たぶん、僕はスルメには負けると思うな。
 「Audio Coffee vs スルメ」
 体験談、待ってます!
 

photo by Greg Turner