読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


ハロー!永ちゃん 

 

矢沢永吉 ALL TIME BEST ALBUM(通常盤)

矢沢永吉 ALL TIME BEST ALBUM(通常盤)

 

 
 『永ちゃん』はかっこいい。
 一般的に、最高にかっこいいオヤジとみなされている。
 その割には、僕の周囲には『永ちゃん』の音楽が好きだというヤツはいない。
 
 いや、昔、大学生の頃、たったひとりいた。
 車にYAZAWAのシールを貼り、頭をリーゼントに固めて、80㎞でカーブに突っ込んで車をぶち壊し、オンナばかり追いかけていたKという男だ。
 いまもYAZAWAのファンなのか、80Kmでブレーキもかけずにカーブに突っ込んでいるのか知らないが、生きていれば、あいかわらず超人気者だろう。
  
 キャロルの「ファンキーモンキーベイビー」にぶっ飛ばされたのは中学生の頃だった。
 しかし、その後は、サザンオールスターズだったし、浜田省吾だったし、RCサクセションだったし、ローリング・ストーンズエリック・クラプトンだった。
 もし、合コンで相手の女の子が「永ちゃんのファン!」とでも言おうものなら、即座にパス!であった。いうまでもなく、向こうでもパス!なのではあったのだが。

 矢沢永吉というアーティストは、僕にとってはそういう存在だった。
 キャロル時代の1枚を除けば、たった1枚のレコードもCDも持っていなかった。
 
 でも、最近、突然、『永ちゃん』が聴きたくなった。
  
 今年の正月に、小学校・中学校の小さな同窓会に誘ってもらって行ってきたのだが、ちょうど、あの場で再開した古い友人たちに感じたような思い。
 40年以上も、それぞれの違う道を歩み、お互い大変だったけど、やっぱり、みんなあの頃のまんまで、同じ時代を戦ってきた、生きてきた仲間だったんだな、っていう感じ。
 『永ちゃん』は1949年生まれなので、ちょうど僕より10才兄貴にあたるのだけど、そんな同窓生と同じように感じるのだ。「ファンキーモンキーベイビー」以来、消息だけはたまに聞くけど、住む世界も好みも全然違う、でも同じ時代を生きてきた同級生みたいに。


 そんなことで、じつは、きのう、「キャロル」解散後はじめて、矢沢江吉のCDを買ったのだ。3枚組の『ALL TIME BEST ALBUM』を。

 シールはついてこなかったので、ダッシュボードやテールにシールは貼っていないけど、車のハードディスクにはすべて録音されて、今車にのれば、必ず『永ちゃん』の曲が流れるようになっている。

 
 wikiの矢沢永吉のページを見て、今更ながら『永ちゃん』の凄さに驚いたのだけど『永ちゃん』ファンなら当然のごとく知っていて、僕が知らなかったことをいくつか発見した。


*身長は180㎝もある!
*ほぼ全曲の作曲をしているが、ほとんど作詞はしていない。
*自作の曲「アイ・ラヴ・ユー、OK」のテープを東芝EMIに持ち込んだが「売れない」と断られた。
*「ロックに詳しい層から見ればダサいモノであっても、本当に自分の内面から生み出した音楽をやる。そうでなければ、恥ずかしくて人前に出られない」という趣旨の発言をしている。


 
 ちょうど、僕の今のクルマは、サーキットでまともに走れるようにと、車高も低めだし、タイヤは少しハの字型についている。
 そして、車内では、いつも『永ちゃん』。
 で、ノーブレーキでカーブに突っ込んだあいつみたいに、ちょっとだけ、向こう見ずなオトコになった気分を楽しんでいる。

 というわけで、いまの僕は、「ハロー、永ちゃん!」なのである。