読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


きのう娘がボーイフレンドを連れてきたんだが・・・

f:id:yumejitsugen1:20131117081104j:plain

  
 きのう、娘のボーイフレンドがやってきた。
 
 僕は結城紬を着て和室で正座して、ふたりを迎えた。
 カレと娘は二人並んで正座し、嫁がお茶を運んできて、湯のみに注ごうとしていたとき。
 カレが唐突に、敷いていた座布団を横にはねのけ、がばっと両手をつき、「お嬢様と正式にお付き合いさせてください!」と言った。
 
 そして、髭を触りながら、僕は思案する。

 この男は、誠実だろうか?
 この男は、パチンコや競馬や女装や、そのほかもろもろの僕には言えない趣味はないだろうか?
 この男は、そもそも幸せになるチカラがあるのだろうか?
 この男は、どれぐらい稼げるのだろうか?
 この男は・・・・

 凍りついた雰囲気。
 で、嫁が横から口を出す。
 「まあまあ、先にお茶でも飲んでくださいな」
 

 
 娘のボーイフレンドがやってきて、父の僕に挨拶するということは、昨今こういうことではない、ということは、ずっと前からわかっていた。
 うちには娘がふたりおり、すでに長女は嫁に行っており、なにかと経験済みだ。

   
 じつは、昨日、下の娘のボーイフレンドが我が家にやってきたのだ。
 庭のクリスマスイルミネーションをしつらえてくれて、家族で夕食を食べた。
 娘や嫁からまだ攻撃はないが、「どうだった?」「いいひとでしょ?」っていう質問攻めに、これからあうことになっている。
 たしかに、営業で鍛えられているだけあってあたりの柔らかい好青年だった。
 しかもおしゃれで男前ときている。
 正直、とっても好印象であった。
 
  
 ところで、父というものは、娘にはよい伴侶をみつけて欲しいと思っているが、案外あれやこれやと思い悩まないものだ。 
 そもそも、芸能人の結婚を見ていても痛感するが、選び放題の恵まれた女性が、男性を選びに選んだからといって、幸せになれるとは限らない。
 父は、違う視点から男を見ることができるのだが、まあ、それも、当たり外れはあるもので、絶対ではない。
 それに、「こりゃ絶対にダメだ」と思う相手を連れて来られて大反対したら、どうせ燃え上がって突き進んでしまうに決まっている。

 
  僕が娘たちに望んでいるのは、娘たちに口を酸っぱくして言ってきたのは、伴侶選びのことではなく、自力で生きるチカラをつけよ、ということだ。
 伴侶選びに失敗することもあるかもしれないし、伴侶選びは成功だったが、早死してしまうかもしれない。
 結局のところ、誰かにすべてを預けてしまうような人生を送るんじゃない、と。
 

 ちょうど、そんな僕の気持ちをうまく表現したポスターがあった。
 このポスターはアメリカのMerch Achademyというカソリックの女子校が最近作ったものだ。

 
 そこにはこう書いてある。
 
 Don't wait for a prince.
 Be able to rescue yourself.
 Prepare for real life.
   
 王子様を待ってちゃダメ。
 自力で自分を救い出せるようになりなさい。
 現実の人生に備えなさい。
 

 You're not a princess.
    But you can still rule the world.
    Prepare for real life.

   あなたはお姫様じゃない。
 だけど、あなたの人生を支配することはできる。
 現実の人生に備えなさい。

 

f:id:yumejitsugen1:20131117140804j:plain