読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


大阪弁版キング牧師名言7選~「キング牧師の日」によせて

f:id:yumejitsugen1:20150120071350j:plain

 
 アメリカの記事などにキング牧師の話題が多いなと思ったら、きのう*1は、「マーチン・ルーサー・キング・ジュニアの日」という祝日だった。
 キング牧師の誕生日は1月15日で、この日の近くに祝日として設定されているそうだ。
 
 いわゆる名言、格言というものは、手垢がついているような気がして、辟易している人も多いだろう。
 僕も50年以上生きてきたので、有名なものは、どこかで目にしており、いまさら感は強い。
 だけど、やはり、偉大な魂から語られ、多くの人に語り継がれた言葉というのは、特別の光を放っていると思う。
 いまさらと思いながら、今日、あらためて、キング牧師の名言をいくつか読んだら格別に胸に響くものがあったので、そのうちの7つの原文をここに記しておきたい。
 
 ヘタな訳より、原文の味わいが最高なので、原文で読んで見てもらえるように、単語の意味をそれぞれの文章の下に書いておいた。
 ぜひ、原文に挑戦してみて。

 最後に、大阪弁で、僕の意訳をのせておいた。
 あくまで、おまけですが、よろしければどうぞ。

1. “Cowardice asks the question, is it safe? Expediency ask the question, is it politic? Vanity asks the question, is it popular? But conscience ask the question, is it right? And there comes a time when we must take a position that is neither safe, nor politic, nor popular, but one must take it because it is right.”

 *Cowardice:臆病、Expediency:利己主義、politic:妥当な、Vanity:虚栄心、Conscience:良心、

 2.In the end, we will remember not the words of our enemies, but the silence of our friends.”

 *enemies:敵


3.“Faith is taking the first step even when you don’t see the whole staircase.

 *fath:信念、staircase:階段

 
4.“The ultimate tragedy is not the oppression and cruelty by the bad people but the silence over that by the good people.”

 *ultimate:究極の、tragedy:悲劇、oppression:抑圧、 cruelty:残酷さ

 

5.“Our lives begin to end the day we decide to become silent about things that matter.”

 

6.“I submit to you that if a man hasn’t discovered something that he will die for, he isn’t fit to live.”

 *submit:言う、提案する

7.“When you are right you cannot be too radical; when you are wrong, you cannot be too conservative.”

*radical:急進的な、conservative:保守的な

 

 1. 臆病もんはな、大丈夫かって言うやろ。ご都合主義の連中は、それでほんまに得になるんかって言うし、見栄っ張りは、それで人気になるんかって言う。そやけど、あのひとは、それが正しいことなんやな、って聞くんや。そいつが安全か、得か、人気になるかどうか、そんなこととは関係なく、あの人みたいに、ただ正しいからその道を行くってことが、あんたにも必要なんや。
2.けっきょく、おだぶつする時には、敵の悪口雑言やなくて、友が黙って見守ってくれていたことを思い出すんや。
3.階段の先がどうなってるかわからへんけど、とにかく、勇気をふるって一段踏み出せる、それが信念ちゅうもんや。
4.最低最悪の悲劇っちゅうんは、ワルい連中に抑えつけられたり残酷なことをされることやない。いい連中が黙ってそれを見ないふりをすることや。
5.ここは勝負時やという時に、黙ってしまうことにしたら、あんた、それはあんたの「死」が始まったということやで。
6.そのために死ねるものを見つけてないんやったら、生きる意味がないで。
7.あんたが100%正しいってわかってるとき、絶対、過激にそれを主張したらあかんで。あんたが間違ってるかもしれんと不安がよぎる時、いや、正しいはずやって、意固地になってもあかんねんで。

 

photo by  Minnesota Historical Society

*1:アメリカの今日:1月19日、第3月曜日