読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


空の観客席を前にピアノの練習をするがごとく

f:id:yumejitsugen1:20150828064238j:plain

 

 自分の毎日を誰かに晒すことに慣れている。
 なにかをいいことがあったり、なにかを達成したりすると、SNSに書き込む。
 文章を書いて、ブログを公開する。
 いつの間にか、どんなことも、どんな努力も、誰かに見てもらっていることが、最大のモチベーションになっている。
 でも、みんな、知っている。
 SNSで語られたシーンをつなげても、その人の真実の毎日は伝わってこない。
 まったく、他人の知らないところで、何年も懸命に努力を続けている人もいる。

 僕の毎日の時間の多くは、着物を触りそのものの良さを見出したり、それをスタッフに教えたり、値段を考えることに費やされる。
 たまに、素敵な発見があるが、そうやって毎日百数十枚の着物を手に取り、ただ淡々と時間が過ぎていく。
  なにも面白いことはない。
 SNSでつぶやくようなことは何もない。
 
 20年振りに小説に挑戦している。
 現在11万語強。
 書いても、誰かが面白がってくれるわけでもなく、読んでくれるわけでもなく、ただ書く。
 途中で投げ出してしまわないように、書いていることは表明した。
 でも、それが極めて孤独で、成果が生まれるかどうかわからない、忍耐力のいる作業であることにはかわりがない。
 観客のいないステージで、ピアノの練習をするようなものだ。

 クリエイティブな仕事には、3年の壁があるという。
 最初のうち、楽しむ側として目は肥えていても、自分が作れるものは、遠くそのレベルに及ばない。
 多くの人はその間に、自分のつくるものが嫌になって努力をやめてしまうという。
 しかし、その3年をやりぬいたひとこそが、価値のあるクリエィティブなものを生み出すようになるのだと。
 
 SNSで、友人知人たちがステージにあがっているところばかり見ていると、彼らが誰もいない観客席を前に、どれほどの時間の練習を積み上げてきたか、ついつい忘れてしまう。
 しかし、もっとも大切なのは、ステージの上にいない間、あるいは空の観客席を前に、どんな努力を、どれほどの時間、我慢強く継続したか、ということだ。
 
 いま、僕は、その時間をこそ、大切にしたいと思っている。


photo by nosha