読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


たったひとつの完璧なものを作ることへ至る道とは?

f:id:yumejitsugen1:20150804063415j:plain

 

 いつも読んでいるClearさんのブログの過去記事にとても印象的な話が紹介されていた。それは「Art & Fear」という本の中で紹介されている陶芸の先生の話である。 

Art & Fear: Observations on the Perils (And Rewards) of Artmaking

Art & Fear: Observations on the Perils (And Rewards) of Artmaking

 

 

 あまりに印象的な話なので、何も付け加えせずにそのまま紹介したい。
 おそらく、いろいろなことで思い当たったり、現在続けていることにさらに燃料をいただけたりするのではないだろうか。
 では、どうぞ。
 

 ある時、陶芸の先生はクラスをふたつに分けた。
 ひとつのクラスには、その日、できる限り多くのポットを作るように言った。そのクラスの人たちは、その日の終わりにどれだけ多くのポットを作ったのかということ(量)だけでAとかBとかの評価がされる。
 もうひとつのクラスには、その日一日をかけて、自分がつくれる最高のポットをひとつだけ作りなさいと言った。
 そのクラスの人たちは、そのポットがどれだけ良いものか(質)だけで、AとかBとか評価される。
 さて、一日が終わり、最初の(量の)クラスの人たちは、何個のポットをつくったかで評価された。

 そして、事前には言っていなかったがが、両方のクラスで作られたポットをその質で評価した。
 すると、質の良いポットと評価されたものは、すべて最初の(量の)クラスで作られたものであった

  

jamesclear.com

 

photo by kellinahandbasket