読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


数年ぶりに大興奮でゲットしたある着物

f:id:yumejitsugen1:20150524160742j:plain

  
 僕はアンティークやリサイクルの着物の売買を生業としているのだが、たまに、ほんとうにドキドキするものに出会うことができる。
 そして、数年に一回ぐらいしか出会わないであろう逸品を、たまたま競り落とすことができたりすると、さすがに激しく興奮する。
 僕は男だから、いくらその着物が素晴らしいと思っても、実際に袖を通すことなんてできないし、それを自分のものにしたところで、何度か惚れ惚れと見て、そのあとは仕舞いこんでしまうのがオチである。
 仕舞いこんでしまうというのは、たいていそんな着物を競り落とすと、一般のお客様には高すぎる値段になってしまうので、どうしても在庫となる可能性が高いのである。
 
 写真は先日、数年振りに大興奮して、運良く僕の手に落ちてきたひとえの着物である。
 大正期ごろの逸品かと思う。
 写真でもその素晴らしさが伝われば良いのだが、大胆な構図と色使い、そして細部の染と縫いの仕事は、すべて最高のアート感覚、熟練のスキルと丁寧さによるものだ。
 僕がこれほどの着物に出会い、家に連れて帰ってこれたのは、ほんとうに数年ぶりである。

 僕はコレクターではなく、お客様のためにアンティークの着物の売買をしているので、普段あまり非売品にはしないのだが、この着物だけは当分非売品させていただこうと思っている。
 あまりに素晴らしく手元に置いておきたいということもあるのだが、もうすぐオープンできそうなKimono Archiveでも紹介したいし、また、秋ごろに考えている新しいサイトで、復刻をつくるなどそのデザインを利用していきたいのだ。
 

 たまには、僕の本業での興奮を、ちょっと共有してもらえたらなと思い、サイトにもまだ未掲出の写真をアップした。
 着物ファンや、アート、ファッションに興味のある人に楽しんでもらえれば幸いである。

 

f:id:yumejitsugen1:20150524160658j:plain

 

f:id:yumejitsugen1:20150524160814j:plain

 

f:id:yumejitsugen1:20150524160849j:plain

 

f:id:yumejitsugen1:20150524160958j:plain

 

f:id:yumejitsugen1:20150524161043j:plain