読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


更新続けて3年2か月。ブログの毎日更新がつらくなってきた

f:id:yumejitsugen1:20150509183751j:plain

 

 ブログを毎日書くのが辛くなってきた。
 3年以上ブログを毎日書き続けて、何度かスランプがあったが、今の状態はかなり深刻だ。
 何を書いていいかわからない。
 何を書くべきか悩んでいる間に時間が過ぎていく。
 ちょうど、「ブログで成功するコツを教えてください」というメッセージをもらったのだが、そんなことが書けそうな気分では全然ない。
 
 いっそのこと、書くのが困難になった理由を書いてみる。

時間がない。新しいサイトを立ち上げようとしているし、以前から計画していたKimono Archiveがやっともう少しというところまで来ているし、つぎの本の原稿もある。毎朝、2時間程度ブログにかけているが、その時間が厳しくなってきた。

書きたいことがみつからない。自分の身内にあるものは3年間でだいぶん書いてしまった。新たに書きたいことも日々の経験から湧いてくるのだが、それも毎日という間隔ではない。いままでに書いたことでも、書き方が違えば伝わり方も違うはずと思うのだが、既視感に遮られてなかなかそれも気が進まない。

新鮮な視点がない。日々感じることを書けばよいのだと思うのだが、自分の視点や考えはありきたりで、わざわざ文章にして公開するほどでもない。

中途半端な知識で間違いを書いてしまいそうだ。なにかについて書こうとすると、間違いをなくすために、ちゃんと調べなくてはと思う。そう思って調べだすと、調べても調べても時間が足りなくなって、結局、間違いを恐れて記事にできなくなる。

自慢話になってしまいそうだ。自分の情けないところを書けば、誰かの役に立つが、辛い。なにかを達成したことを書けば、一般的に見ればぜんぜんたいしたことじゃなくても、自慢話みたいで気がひける。

何かが起きそうなワクワク感がない。本を出させていただいたことは、本当にワクワクする体験だった。けれど、ブログそのものは、PVも月間20万PV台止まりだし、これ以上伸びる気もしない。

そっとほっといてもらいたいという気分になる。自分でビジネスをしていれば、スタッフの将来もあり、SNSなどで頑張って「自分」という人間を打ち出していかなければならない。それはわかっているんだけど、もともと誰かに注目されるような派手で面白い人間じゃないのだ、僕は。

 

 ということで、まだ決めてないけど、ひょっとしたら、ブログの更新頻度を落とす潮時かなと考えているのだけど・・・
 
 メッセージをいただいたカバ母さま、やっぱり、「ブログで成功するコツ」は僕には書けません。「成功」って人それぞれだし、とくに、「ブログで、直接的に、また、短期的に、稼ぐ方法」を僕は知りません。すみません。
 

photo by Ichiro