読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


4羽の蝶が教えてくれること

f:id:yumejitsugen1:20150518135348j:plain

 

 アンティークの着物を扱って10年以上になるのだが、いまでももちろん、はじめて出会う着物や生地や技法がある。
 さっき、次女の麦が「見て見て!」と持ってきた着物に、ちょっと驚いたので紹介したい。
 ものは夏物の薄い生地の着物で、格子の織り込まれた紅梅というものである。
 素材は人絹(いまで言うレーヨン)で、染もシンプルなもので、高価なものではない。
 袖も長く、戦前から戦中の、一部の人を除き、人々の生活が豊かとはいえない時代のものと思われる。

 その閂止めに四羽の蝶が飛んでいたのである!

 
f:id:yumejitsugen1:20150518135430j:plain

  
 この閂止めは、袖と身頃を端で強く縫い止めて、袖が引っ張られた時に、縫い目が解けたり、布地が破れないようにするものだ。
 残り切れわざわざ補強に使う場合もあるし、しっかりと何重にも縫い止めて終わりにしているものもある。
 
 しかし、この着物の閂止めは、わざわざ蝶の形に刺繍してあるのである。
 形が洒落ているだけでなく、羽を広げるように縫い止めれば、布にかかるチカラも分散されて、理にかなっている。
 それは前後ろ左右に施されているので、相当な時間がかかったに違いない。
 しかも、それは着用時、ほとんど見えないのである。
 自分からその部分を引っ張りだして見てくれと言わない限り、誰かが気づいてくれることはないと思われる。

 いままで僕が気づかなかっただけかもしれないが、10年以上毎日のようにアンティークの着物を触っていたのに、こういう閂止めを見たのははじめてなのである。

 この着物を来ていた女性は、高価な絹を着ることは許されなかった。
 だけど、そんな風に細部に洒落た刺繍を施す時間はあったし、密かにそういうおしゃれを楽しむ心の余裕があった。
 
 そう想像すると、この着物の持ち主だった女性のことが、なんだかとても愛おしく、リアルに感じられるように思えてくるのだ。