読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


感謝の気持ちで満たされた朝

f:id:yumejitsugen1:20150426104731j:plain

 

 僕が商売を始めた頃、お世話になったひとりの師匠がいた。
 Mさんという人なのだが、歳の割には老けていて、仙人のように見えた。
 でも、60才を超えても事業欲は強烈で、いつも自身の商売を拡大しようとしておられた。
 いったんは鉄鋼か何かの会社を潰し、ホームレスにまで落ちぶれたと本人はおっしゃっておられたが、その後、古い着物が地域によってかなりの価格差があることに気づかれ、トラックで全国を飛び回って着物を売り買いしながら、見事に再起を遂げられた。
 そんな天国と地獄を見た方だったから、僕のような会社員あがりものものは、赤子の手をひねるも同然だったのだろう。
 さまざまなことを教えていただきながらも、お返しにたくさんの商品も買わせていただくことになった。つまり、甘いだけでなく、反面、厳しい商売人であったということである。
 その頃、ちょうど何人かの新米の古着屋がいて、Mさんのお手伝いをしながら、また、儲けのチャンスをいただいたりして、それぞれが自身の商売を確立しようとしていた。そういう仲間たちは、僕とおなじように、厳しい面も見せることがあるMさんを、それでも師匠と慕っていた。

 そんなMさんが、数年前にガンで亡くなった。
 奥様のご意向で、お葬式はなかった。
 僕や何人かの弟子たちの気持ちは宙ぶらりんになってしまった。
 どうも気持ちが収まらないので、偲ぶ会をやろうかと、ふと言ってみた。
 しかし、まだ時期が早いという声も出て、その提案はそのまま流れてしまった。

 そして、そのまま、Mさんの遺影を前に集まることはなく、数年が過ぎ、現在に至っている。
 
 じつは、僕は、その時に、誰がなんと言おうと、Mさんを偲ぶ会を開催すれば良かったと思って、いまでも後悔している。
 僕が筆頭の弟子と目されていたわけではないし、誰が音頭をとって、いつどんな範囲でするべきかということについて、きっと、様々な異論が出たと思う。
 だけど、誰もそれをしないなら、やはり僕がやるべきであった。
 僕がそうしなかった理由は、さまざまなことを言われることや、予想される面倒や手間もあったが、もっとも本質的な理由は、そのイベントを「僕が音頭をとる」ということに対する恐れであった。 
 その勇気がなかったために、そのチャンスを永久に失ってしまった。
 僕は今でもそのことを後悔している。

 ところで、今夜は、出版記念のディスコパーティである。
 自分が主催者になり大きなイベントをするということは、会社員時代の催企画以来のことだ。
 やると宣言して以来、歓迎してくれる人ばかりでもなく、多少の紆余曲折はあり、辛い思いをした時もある。
 だけど、みんなに感謝の気持ちを伝えるための良いチャンスでもあるし、なんとか開催にこぎつけることができて良かったと思っている。
 もし、このパーティをしなければ、印税や韓国の翻訳権で得たお金が、僕の気持ちの中では宙に浮いてしまっていただろう。
 そして、思いついたものの開催しなかったパーティのことを思い、死ぬまで後悔を引きずることになっただろう。
  
 当日の朝、極度の緊張に襲われるのかなと思っていたが、いまのところは、お祝いに駆けつけてくれるみんなの顔を想像して、静謐な感謝の気持ちで満たされている。

 ご参加いただける方、今夜はよろしくお願いします。

PS 読者の方で参加希望の方がおられたら、FBかTwitterで連絡ください。ただし、早い時間は一杯です。21時以降に来てくださるかた、歓迎します!
 

photo by Alice Popkorn