読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


ダイニングルーム・ダンシング・オールナイト

f:id:yumejitsugen1:20150414074824j:plain

 

 娘たちが僕のことを直視できないと言う。
 現在、長女が出産のために大きなお腹を抱えて帰省中であり、次女とふたりで口を揃えてそう言う。
 直視できないって、直視しろよ、お前たちの父親だぞ。
 もちろん、気持ちがわからないでもない。
 50を超えたおっさんが、音楽のあわせて、なんだかくねくねと身体を動かしている。
 
 たしかに、世の中には見たくないものがある。
 そういえば、僕の父も70才代で社交ダンスをやっていたが、世の中で見たくないものリストのトップ10に父のダンスもかなり上位でランクインする。
 たしかに。
 
 しかし、なんだかんだと言われながら、もうお前たちの父親は走りだしている。
 走り出したら、肉親や友達なら、ともかくフォローしてくれなければ困るではないか。
 次女が残酷にものたまう。

 うわっ! パパの踊り、アンガールズの田中そっくり!
 おい、これは、アンガールズの田中くんがやっている「スケーター」というステップだ。田中くんにも似ているかもしれないが、ほら、このYoutubeの動画を見ろ。このおっさんもアンガールズの田中くんみたいじゃないか。
 これでいいんだ!

 妻もダイニングルームにやってくる。
 さすがに妻は当事者なのですでに覚悟を固めている。
 普段はノンアルコールしか飲まないのだが、今夜は正真正銘のラガーを取り出して、プッシュと開けて、半分飲んで、残りを妻に渡す。
 酔っ払わなければ、さすがに娘と妻の前で、醜態をさらす勇気が湧いてこない。
 テーブルを端に寄せて、マックブックの前のスペースを大きく開けて準備完了。
 
 最初の曲は、『君の瞳に恋してる』に決めている。
 そいつをYoutubeでかけて、生まれてはじめて、まず、君たちの前、人前で踊ってみせようではないか。
 まだ、アルコールが充分に回っていない僕に、長女がアフロヘアの鬘を投げてくれる。
 僕は寝間着の上を脱ぎTシャツにアフロヘアの鬘をかぶり、ゆっくりと「スケーター」からステップを踏み始める。
 
 やっぱり、田中みたい!
 うるさい!
 ついで、「バスストップ」を披露する。
 なにーそれ! 幼稚園児が機関車の真似してるみたい!
 あほ! 
 このステップはほら、こうやって向きを変えるために踏み変えるところが、楽しくてかっこいいところなんだ!
 
 足元で何かにあたったと思ってとっさに振り返ると、尻もちをついているのは2歳の長女の娘だ。
 僕のステップを邪魔しないように踊るんだと言い聞かせて、自由にしてやる。
 おれのステップをよく見て真似するんだ。
 ふと気がつくと、妻のベッドで寝ていたはずのラブがやってきていて、おもちゃを相手にソファの上で踊っている。
 一般的に、ラブラドールレトリバーが「踊る」ものなのかどうか知らないが、たしかにラブはピープー鳴るおもちゃを音楽合わせて噛んでいた。
 
 いよいよ『君の瞳に恋してる』のステップだ。
 あ、それ、◯◯◯◯◯(←忘れた)っていう、みんなやっていたステップだよ、と妻。
 そうだろう、ほら、こうやって、いち、に、さん、し、いち、に、さん、し・・・
 妻がおれさまのステップを見て、足を合わせようとしている。
 そうだそうだ、そうやって、そこで手を叩いて、そうそう、それで、ここで、どんどん!って床を蹴って、90度回転する。
 そうそう、そこがポイント!

 【中略】

 こうして、きのうの夜、我が家のダイニングルーム・ダンシング・オールナイトは更けていった。
 パーティに参加する次女は、これで父の踊りを直視することができるはずだ。
 そして、僕はDJのチャッキーさんに約束したとおり、みんなの前で『君の瞳に恋してる』のステップを披露する。
 たぶん、妻と一緒に。