読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


たまには親ばかの着物記事でも・・・

f:id:yumejitsugen1:20150324082201j:plain

 

 着物屋の端くれなので、たまには着物の紹介も。
 相当、親ばかが入っているのはわかっているが、一緒に仕事をしている次女の麦はセンスがあると思う。
 毎日のように僕が自分が仕入れてきたものを選んでコーディネート提案をしているのだが、なるほど、そういう合わせ方があるのか!というような驚きのあるコーディネートが多い(←親ばか)。
 着物に興味のないかたも、着物をカジュアルに(あくまでカジュアル)に楽しむとはどういうことか、アンティークやリサイクル、あるいは、アンティークを復刻したポリエステルの帯などで、どんな楽しい合わせ方ができるか、ちょっと楽しんでいって欲しい。
 ここに紹介しているのは、総額何十万円というような合わせ方ではなく、せいぜい数万円程度~10万円程度のものである。
 ちょっと頑張って着飾ってパーティーに行ってみようかというような時なら、普通にありそうな金額でのコーディネートである。
 なお、彼女のコーディネートは、こちらに毎日アップしている。 

mugi-kimono-world.tumblr.com


(上)ちょっと変わった柄の昭和後期~平成の訪問着にアンティークの刺繍の帯。

 

f:id:yumejitsugen1:20150324082212j:plain


 銘仙に、かわいい猫の帯。猫の帯は古い襦袢の柄からとった復刻品。
 

f:id:yumejitsugen1:20150324082221j:plain

 着物は銘仙という織の着物。蝶の絞りの帯も、すっきりした柄。
 すっきりしたものをこうやって合わせてもかわいい!

f:id:yumejitsugen1:20150324082232j:plain

 銘仙には様々な大胆な柄があって、楽しめる。川沿いに咲いているのは桜かな?
 そろそろ着たいコーディネート。

f:id:yumejitsugen1:20150324082244j:plain

 ちょっと見にくいけれど、帯に描かれているのは雀たち。
 訪問着の唐花の配置とあいまって、粋。

f:id:yumejitsugen1:20150324082252j:plain

 これも銘仙。なんだか宇宙的なデザインで、合わせた帯には鹿がいて、ポイントになってる。

f:id:yumejitsugen1:20150324082306j:plain

 これは正統派かな。

f:id:yumejitsugen1:20150324082317j:plain

 カラフルな小紋に合わせてあるのは、アンティークの銘仙の柄を復刻して帯にしたもの。 

 

 

f:id:yumejitsugen1:20150324082329j:plain

 現代の訪問着はキラキラ光る海の波のような柄。アンティークの帆船の刺繍の帯をあわせて。

f:id:yumejitsugen1:20150324082508j:plain
 真っ向勝負で、なにげにかわいいコーディネート。


 ちなみに、いくつか紹介した復刻ものだが、別サイトとして立ち上げる予定。
 まだ、当分かかりそうですが。

 ときどき、彼女のページ覗いてやってくれると、とても喜びます!

mugi-kimono-world.tumblr.com