読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


散髪屋のジョー (スモールビジネスが忘れがちなこと)

f:id:yumejitsugen1:20150114081355j:plain

 Mediumに素敵な記事をみつけました。
 その記事にからめて何か自分なりの記事を書こうかとも思いましたが、原文があまりに素敵で完成度が高いので、そのまま訳すことにしました。
 Mediumに翻訳文を掲載しましたので、そちらを読んでいただけると嬉しいです。

 

 ジョーはいつだって、ジョー。いつもあなたを心からの笑顔でむ かえる。暖かく手を握り、言う、「いらっしゃい、ハンサムさん!」。 いつもあなたに、自分のことを話すようにしむける。バリカンを大げさに振り回しながら、同意してくれる。 「もちろんです。ふむふむ。おっしゃるとおりです」

 彼の店、Sulimayは、いまではめったに見られない、しかし今でもひとびとの心の中に存在している、懐かしい散髪屋のことを思い出させる。シナトラがス ピーカーから流れている。建設労働者、パイロット、タトゥーアーティスト 、すべての階層の客と気持ちの良いジョーク。風格のある、豪華な鏡の前に配置された、よく使い込まれた木製の椅子に座る。  しかし、本当にたいせつなものは、ジョーそのもの。オールバックの髪、鼻の上には楕円形のメガネ、まくりあげられた白い襟付きのシャツの袖。 彼こそが、世界で最も偉大な話し上手だ。(続く)

 
 続きはこちらから。

 

Joe the Barber — Medium