読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


「新年の計」の80~90%が挫折に終わるそうです。あなたは大丈夫?

f:id:yumejitsugen1:20150107075151j:plain
                      photo from Death to the stock photo



 あれ、やっただろうか?
 あれ、そう、「新年の計(は元旦にあり)」というやつである。
 ひょっとしたら、もう、即効で挫折したわ、あっはっは!っていう猛者もおられるかも。

 ところで、この「新年の計」というのは、おそらく全人類に共通の癖みたいなものらしく、たとえばアメリカでは「New Year's Solutions」と呼ばれ、おおよそ半数のアメリカ人がなにかを決心しているらしい。
 そして、さまざまな調査があるようだが、おおむね80~90%の「新年の計」は脆くも挫折しているらしい。
 その数値が僕らにもあてはまるとしたら、いま、これを読んでくださっている方の半数は「新年の計」をたてて、しかも、ほとんどの人が、遅かれ早かれ失敗するということになる。

 そういう状況なので、海外でも、「新年の計を挫折させないためにはどうしたら良いのか」という記事が目につく。
 いつも読んでいるJames Clear さんの記事とか、こんな記事とかである。

 みなさんの仰っていることはだいたい似ていて、人間の脳というのは、構造的に「新年の計」を立ててそれを実行したり、新しい習慣をつくることに不向きにできているので、普通はそういうものは失敗に終わる。それは、意志力が弱いからではなく、続くような目標設定と仕組みが整っていないからである。
 そこで、


1.ひとつに絞る。大きな目標を立てすぎない。

 「貯金を100万円増やし、体重を10キロ落とし、本を50冊読むことを、今年の目標にしよう!」
 いや、それは欲張りすぎでしょう。
 どれか、もっとも、自分を変えてくれそうなもの、たとえば「本を50冊読む」ことに絞る。さらに、50冊が大きすぎないか、本当に実現可能か検討する。

2.目標でなく、習慣にすることに注意を払う

 「今年は、本を50冊読む」という目標は、ちょっと大きすぎるかもしれないので数を減らしてもいいし、「朝の通勤電車では必ず本を読む」という習慣を目標にしたほうが達成しやすいかもしれない。
 結果的には同じ程度の量を読めることになるなら、毎日の小さな習慣にブレークダウンして、それを続けるようにしたほうが、達成しやすい。

 

3.それがしやすい環境に変える

 「朝の通勤電車で必ず本を読む」ということを習慣にしようとしたら、満員電車では読みにくいので座れるような電車に乗るとか、スマホタブレットにダウンロードしておいて、状況に左右されずに読めるようにしておくとか、環境を変えたほうがよい。
 環境を変えないと、元の木阿弥になってしまう。

4.誰かに言う、どこかに書く

 なんでもそうだけど、「もう宣言しちゃったしな」というのは、たしかに効く。

 

 ところで、僕のおすすめの、「新年の計」は(おい!そんなもの、人にすすめるものかよ?!)、「毎日書く」ことだ。
 

f:id:yumejitsugen1:20150107082727j:plain
 
 もう、3年近く、毎日文章を書いているのだけど、その経験はこんな感じ。
 グラフの曲線が下に向かうほど、真実と思えるものに近いとする(あくまで、おおざっぱなイメージ)。書き続けていると(グラフ右軸:時間)、書いたあとで思索が深くなったり、その後に読んだもので、すこし前のは間違っていたなと感じることが多くなる。
 もちろん、間違えてはいなかったなと思うものもあるし、間違えてはいないけど、もっと良い表現にたどりつくこともある。
 で、間違いもしながらだが、だんだんと、自分が正しいと思うことに近づいていくような気がする。
 その時に、いったん書いて自分の中で整理がついたことについては、その前の段階に戻ってしまうことはない。グラフで言うと、黒い横線のような、間違いの天井みたいなものができて、そこから上には戻らずにすむような感じである。
 書くものの真実の深さっていうのは、ちょっとづつしか深まらないけど(赤い横線)、その振幅の幅が減っていく、そんな感覚がある。


 あ~~なんだか、めっちゃざっくりした話なので、突っ込まないで。あくまで、イメージ。

 さて、それをブログなどで公開するかしないかは別として、毎日書くことをおすすめしたいのだけど、海外のサイトで、750 Words.comというのがあり、このサイトでは、非公開の文章を750語、毎日続けて書く、それをお互いにモチベートしあいながらやれるようになっている。
 このサイトを試してみたら、日本語の文章入力もできるけれど、750語が自動計算されうるので(空白で一語を読み取る)、うまく参加できない。
 日本語でもこんなサイトがあればいいんだけどなあ。現在、参加者2274人ということは、あまり人気ないのかな。


 まあ、ともかく、自分を変える一年にしたいものですね!

f:id:yumejitsugen1:20150107085407j:plain

f:id:yumejitsugen1:20150107085434j:plain

f:id:yumejitsugen1:20150107085459j:plain

 750Words.comはこんな感じ。楽しそうですよ!はてなさんか、だれか、日本語でつくって!