読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


なぜ、エミリー・フィリップスさんはアタマを剃ったのか?

f:id:yumejitsugen1:20141118071934j:plain

 

 エミリーさんは薄毛と脱毛症で長い間悩んでいた。
 毎朝ベッドには抜け落ちた大量の髪。
 減ってゆく髪にカツラをつけた。
 悩み抜いて、先週の木曜日の夜(2014/11/13)、彼女は決心した。

 残ったわずかの髪をルームメイトに剃ってもらったのだ。

 そして、それが彼女のすべてを変えた。
 鏡の中の髪のないありのままの自分を見て、自分が「美しい」ことに気がついたのだ。

 悩んで過ごした長い時間に学んだことが、ついに彼女の中で輝く結晶となった。
 それは、「美しさとは内面的なもので、ありのままの自分を愛することこそが、自分を美しくできるもっとも大切なこと」という確信だ。
 誰もが自分ではなんともしようのないものを持っている。そうであっても、無条件に自分を愛することこそが、その人を美しくする。
 なのに、たいていの人は、自分の子供を無条件に愛するように、自分自身を無条件に愛することをしない。
 
 もう、彼女は朝、抜けた髪の量に怯えることはない。
 Mediumにこの記事を書き、自分の本当の姿をネットに公開した。
 彼女は髪のない自分を受け入れて、それの姿を多くの人に見てもらう決心をしたのだ。
 彼女と同じ悩みをもつ人たちのために、さまざまな病気や容貌に悩みをもつ人たちを勇気づけるために。
 そして、あるのままの自分を受け入れて愛し、それを人々に見てもらうことで、どれほどポジティブに変わることができるのか、強くなれるかということを知ってもらうために。

 エミリーさん、あなたのこの体験をシェアしてくださって、ほんとうにありがとう! 
 


PS 以上は11月15日(2014年)にmediumに公開されたエミリー・フィリップスさんの記事「Why I Shaved My Head.」の紹介です。読みやすく、また、非常にインスパイヤされる内容ですので、英語OKの方はぜひ原文をお読みください。読了時間9分となっており、やや長い記事ですが。
なお、僕は今、全文翻訳する時間がありませんが、全文翻訳してMediumの掲載される方がおられたら、お教えいただければ、こちらからリンクを貼らせていただきます。