読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


ココロの日光写真~僕がほとんど写真を撮らない理由

f:id:yumejitsugen1:20140707071945j:plain

 

 僕はあんまり写真を撮らない。
 アイフォンの写真はほとんど増えないし、撮った写真をFBに上げることもあまりない。
 旅行へ行ったりしても同じなので、私の写真が全然ないと嫁にときどき怒られる。

 僕は凝り性なので、カメラとうまくつきあえない。
 カメラを持つと、いい写真が撮りたくなって、そのことで頭がいっぱいになる。
 その瞬間を楽しむよりも、良い写真を撮ることが、その時の一番の目的になってしまう。

 じつは数年前、デジタル一眼レフを買って、始終撮っていたことがあった。
 その頃は何かあるとカメラを持参して、写真ばかり撮っていた。写真集を買って、良い写真とはどういうものか、たくさんのお手本を見た。
 カメラで頭をいっぱいにして、その瞬間を楽しむことが多少損なわれても、傑作が次々にできるなら、それも良い。
 しかし、悲しいかな僕には才能がなく、何千枚も撮っても、自分で良い写真だと思うものは全然撮れないのだった。
 
 愛憎逆転。
 写真を撮るのが嫌いになった。
 デジタル一眼を使わなくなっただけでなく、iPhoneのカメラでもほとんど写真を撮らなくなった。
  
 面倒くさがりというのも、もちろんあるだろう。
 旅行のときも、家族のイベントでも、完全に写真担当になっている嫁に少し言い訳させてもらうと、それだけでもない。

 先日、嫁と娘と孫たちと、ハーバーランドへ遊びに行った。
 モザイクにあるSUNNYBLESSというネイティブ・アメリカンをテーマとするカフェがお気に入りで、そこでお昼にしようということになった。
 モザイクの外のテラスのような歩道を歩いて、そこに向かった。
 日差しの暖かな日で、陰が縞模様にレンガを敷き詰めた歩道を染める。
 そこを小さな孫、まだヨチヨチ歩きの、豆みたいな顔をした孫の手を引いた嫁が歩いていく。
  
 ふたりの後ろから歩いていた僕は、久しぶりにその光景を写真に残したくなった。
 が、もちろん、カメラは持参しておらず、iPhoneのカメラしかない。
 急いでiPhoneを出したが、ふたりはまもなく曲がり角に達し、その光景はすぐに終わってしまうとわかった。
 僕はiPhoneで写真を撮るのを諦め、『ココロの日光写真』のシャッターを全開にした。
 
 それはデジタル一眼みたいに鋭利にその瞬間を切り取らない。
 ふいに時間がゆっくりと流れ、子供の頃に遊んだ日光写真みたいに、その光景がゆっくりとココロの原版に刻まれる。
 やがてふたりは角を曲がって消えてしまったが、大丈夫。
 ふたりの姿はちゃんと、ココロの中の原版に刻みつけた。

 
 だから、僕はたくさんの写真を撮りたいとは思わない。
 少しの写真と、少しの『ココロの日光写真』があれば、大切なものはちゃんと残していけるのだ。 


Photo by Little Visuals