読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


麦とマストとコーリング

f:id:yumejitsugen1:20140618064811j:plain

 

 次女の麦のタンブラーのページの評判が良い。
 どうやら、「Must」(しなければならない)が「Should」(すべき)をぶち破ったようだ。
 
 「Should」というのは、外部的な要因でしなければならないこと、という意味。お金を稼がなくてはならないとか、仕事をしなくてはかっこ悪いとか、親としてこうしなければならないとか、社会人としてこうあるべきだとか。普段、僕らはほとんどの時間を、この「Should」に制約されて行動している。
 いっぽう、「Must」は内面から突き動かされて、それをしなくてはならないと思うこと。外部から逆にそれに対して抵抗があっても、無駄になるかもしれないけど、とにかくしなければならないと感じて動くこと。

 「働く」状態を3つにわけて、「Job」(ジョブ)、「Career」(キャリア)、「Calling」(コーリング)という言い方もある。「Job」(ジョブ)は、生活を支えるためだけにする仕事、「Career」(キャリア)は金銭的、社会的地位、名声の階段を上がるためにする仕事、そして、「Calling」(コーリング)はいわば、上に書いた「Must」に突き動かされて仕事をする状態である。

 次女の麦は勉強が苦手で家族に対して劣等感をかかえて育った(本人がそう言う)。高校時代、進路を決めるとき、ヘアメイクアーティストとかスタイリストになりたいと言っていた。もちろん、家族のなかでは一番のファッションセンスの持ち主であったけど、それでプロになって生き抜いていけるかどうかはわからない。むしろ、親としては難しかろうと心配した。
 とりあえず大学に進学することになったが、卒業時にまた進路で悩むことになった。
 いつの間にか「着物」の業界と決めたらしく、決めた途端に突然エンジン全開となり某呉服チェーン店の内定をさっさとゲットしてきた。
 で、その後、結局、家に帰ってきて、うちの仕事を手伝うことになったのだが、うちはウェッブショップなのでコーディネートやスタイリングの腕を発揮する機会はあまりない。
 と思っていたら、最近になってTumblerのページを立ち上げて、自分が推薦するコーディネートの紹介を毎日アップするようになった。

 

f:id:yumejitsugen1:20140618070706j:plain


 業界の人たちからは、「いつの間にか麦ちゃん、立派な仕事するようになったね。人は成長するね」とか「麦ちゃん、素敵!頑張れ!」とか声をかけていただけるようになり、また、海外のアーティストの方からは、「予想もつかない組み合わせが、まさにアートだわ!NYの友だちのアーティストにも紹介したわよ!」などと嬉しいメッセージもいただけるようになった。

 勉強は苦手で英語も苦手。大学時代には英会話教室に通わせたり、お客様のうちに1ヶ月ほどホームスティをお願いしたりしたけど、モノにならなかった麦の英語。
 でも、聞けば、知らぬ間に、最近英語の勉強を再開して、個人レッスンを受けているという。タンブラーで英語のコメントをもらえることも多く、自分も英語で説明したいからだという。

 もちろん、自分の娘のことだから、かなり盛っている。
 盛ることで、娘にさらに良い影響がでるかもと、計算もしている。
 でも、それでも、彼女のコーディネートは素晴らしいと思う、の、で、あ、る。

 そして、ひょっとして、お前、「Must」に突き動かされて、「Calling」(コーリング)に辿り着いたの? と思う、の、で、あ、る。


 f:id:yumejitsugen1:20140618071735j:plain

 
  
 ちなみに、この記事は前から気になっていたMediumの人気記事「The Crossroads of Should and Must」に触発されて書いた。この記事は長めだけど、「Calling」に辿り着いた筆者が、「Should」と「Must」、「Job」と「Career」と「Calling」について書いた素晴らしい記事。英語OKな方は一読をお薦めする。

 ということで、僕はとにかく、皆さんが麦のTumblerのページ、

 Welcome to Mugi's Kimono World!

 をフォローしてくださったり、気に入ったコーディネートをTweetしてくださったり、いいね!してくださると、めちゃくちゃ嬉しい。
 よろしく!