読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


リスに心肺蘇生を施し、命がけで溺れた熊を救うバカなおっちゃんたち!

f:id:yumejitsugen1:20140606070114j:plain

 

 世の中には無駄なこと、馬鹿げたことをするヤツが多い。
 そもそも、捨て犬がかわいそうと思いながら、今晩は豚の生姜焼きにしようかななどと考えているのが、人間ってヤツだ。
 だから、動物愛護の精神って言ったって、なんのことはない、現実を見てないだけのことだ。
 だけど、そんなことのわからないバカ、まったくもって、無駄なことをするバカで、この世は溢れている。
 
 たとえば、この動画のおっちゃんは、修理に訪れたプールで溺れているリスをみつけた。助けれたときにはすでにリスは水面下に沈み、引き上げてみたけれど、ぐったりして死んでいるようだった。
 そんなドンマなリスは、さっさと穴を掘って埋めてやればいいのに、何をおもったか、このおっちゃんは、CPR(心肺蘇生)を試みた。
 なんと、おっちゃんのCPRはうまく効いて、そのドジなリスは生き返った。
 リスだぜ、リス!
 リス相手にCPRかよ!
 どうせ、そんなドジなリスは、助けられても、明日か明後日には、カラスにでも食われちまうのが関の山だ。
 また、怖い思いをしなきゃなんなくなるだけだって。
 せっかく、死ねたのに、バカなおっちゃん。

 



 

 

f:id:yumejitsugen1:20140606071500j:plain

 

 バカなのはこのおっちゃんだけじゃないぜ。
 たとえば、このおっちゃんは、海を泳いでいる熊が溺れかけているのをみつけた。 熊だぜ、熊!(実際の写真がこちら
 180kgはあったそうだ。
 おっちゃんは、なんと海に飛び込んで熊の行方を遮り、下から潜り込んで熊を抱きかかえた。
 そして、岸の安全なところまで連れ帰ったそうだ。
 なんども言うけど、熊だぜ、熊!
 溺れてたら、溺れるままにしておくしか、方法はないじゃないか!
 たまたま擦り傷と切り傷ひとつづつですんだらしいけど、熊の手の一撃で出血多量の致命傷を受けることだってある。
 なんだよ!
 そうなったら、救急車も出動だし、病院だって大変なことになるじゃないか。
 こんなバカなおっちゃんのこと、ヒーローだって持ち上げるみんなの気がしれないぜ。
 なんてバカなおっちゃんなんだ!

 
 ああ、でも、わかってる。
 わかってるよ。
 世界はバカだらけだけど、こんなとんでもないバカなおっちゃんたちがいるから、生きている価値があるんだって。
 ありがとよ!
 ドジなリスと熊になりかわって、お礼を言うぜ!