読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


「ブログについて悩んでいるイチローさんに伝えたい、10の提言!」ありがとうございます!(上)

f:id:yumejitsugen1:20140301065156p:plain

 


  嬉し恥ずかしいことに、いぬじんさんがこんな記事を書いてくださって、朝から赤面した。

ブログについて悩んでいるイチローさんに伝えたい、10の提言

 
 こちらこそ、いぬじんさんの謙虚で内省的なブログを楽しませていただき、触発されて記事を書くことが多い。書かれているテーマは、僕が35歳から40歳ぐらいのときによく考えていたことが多く、読めば読むほど勝手に親近感を抱かせていただいている。

 ところで、人気ブログ「まつたけのブログ」のまつたけさんさんが、ブログをやめると宣言されて話題になっている。
 僕はまつたけさんとからむことはなかったし、いつも読んでいるわけじゃなかったけど、面白いことを書かれる方だなと思っていた。(あっ、大彗星ショッカーさん、お帰りなさい!ひやひやしながら読んでます。ちょうど、先日のオフ会のとき、おふたりのブログ面白いですよね!ってヤマネさんとズイショさんに言ったばかりでした)

 「がんばって書けば書くほど成功から遠ざかるもの、それがブログ?!」に書いたように、ブログでいくらがんばって大人気になったところで、充分な稼ぎが得られるようになるわけではないと思う。また、「名誉」と「オカネ」はバーターのような面もあり、どちらか片一方でもたいへんなのに、両方を得るのは至難の業だ。おそらく、ブログを書いて両方を得ることの難易度より、文学賞を得る難易度のほうが低いのではないかとも思う。大彗星ショッカーさんがその壁を乗り越えることができるのか、興味津々である。
 

 で、僕の場合のブログの目標は、(1)Kimono Archiveの立ち上げ、運営にあたって認知度をあげるためのツールとする、(2)僕の経験が誰かの役に立てばうれしい ということで、オカネはまったく目標には入っていない。
 すでに歳も歳なので大金持ちになることは夢見ておらず、たんに、あと30年(?)ばかりの人生を、大好きな人たちのため、家族のため、お世話になったひとたちのため、稼がしてもらった古い着物のため、どこの誰だか知らないけれど僕の体験が役にたつひとのため、子供や孫のため、ちょっとでも、役に立つように働きたい、遊びたいと思っている。
 Kimono Archiveで日本の染織品のデーターを残して世界に発信したいと思っているのも、それを誰もやっていない必要なこと、そして、僕や一緒に始める仲間が一番やりやすい仕事と思っているからである。

 最近、僕がブログにかけるテンションが下がり気味なのは、僕でなければ書けないことはかなり書きつくしたし、これ以上書くとすれば、小説とかもっと違うツールを使うべきなんじゃないかと思いはじめたからだ。
 実はまた恥ずかしい小説「らしきもの」を書き始めているんだけど、書くなら書くで毎日時間をとらねばならず、毎日のブログ更新との両立は難しい。
 ブログの良いところは、毎日と決めて続けていると、反応をもらえて嬉しかったりして、簡単にはやめれないところで、世に出るかどうかわからないものをコツコツと何年にもわたって書き溜める難しさは想像を絶する。
 そのチャレンジに移行するのが、ほんとうにひとりでも多くのひとの役に立つことなのかどうか、その点で迷っている。
 とりあえず、Kimono Archiveの立ち上げまでとその後しばらくは、毎日更新を続けるとして、その後は、更新頻度を落として、Kimono Archiveの敷衍に時間をかけるか、「らしきもの」に優先して時間をとるか考えてみたい。

 まつたけさんは、こう書かれている。

 10円20円の小銭稼ぎに必死だとか言われたくないあまりにわざわざこれまでの全記事から広告を剥がして仮にどうPV稼ぎとやらをしたところで1円も儲からない状態にしたとして、こんなブログでも自分なりに一生懸命アホみたいに時間をかけて書いたりしている暇はない。

 いや、しかし、僕はまつたけさんに言いたいことはある。
 自分のことを「社会不適合者のダメ人間で、なにをやっても続いた試しがない」と言われるまつたけさんが、月間45万~50万PVも見られるブログを短期間につくられたのは、ほんとうに凄い。そのこと自体が、「自分は社会不適合者のダメ人間」と思われている多くのひとを勇気づけている。
 それだけの人気ブログなら批判も嫉妬もあるだろう。だけど、すくなくとも僕は、まつたけさんの書かれる姿勢はまっすぐだと思う。もちろん、僕もそうだけど、「まっすぐ」には間違いも含まれていて、いつも正しいとは限らないのだけど。でも、「まっすぐ」であることに疑いの余地はない。

 ということで、まつたけさんには、更新頻度やかける時間を減らしても、長くブログを続けていただきたいと思う。ちなみに、僕も迷ってはいるけれど、「更新頻度を下げる」という選択肢はあっても、「やめる」という選択肢はいまのところ考えていない。

 さて、本題(まだ、読んでくれてます?笑)。
 いぬじんさんからいただいた提案を真面目に考えてみた。

1.ターゲットを、変える
2.自分の書きたいものを、書く
3.相談を、受ける
4.本を、出版する
5.誰かと、対談する
6.奥さまと、交代する
7.娘さんと、交代する
8.急に、こじらせてみる
9.グラノーラを、作ってみる
10.いぬじんと、相談する 

  
 1については・・・といよいよ本題に入ろうとしたら、市場へ行く時間が来てしまった。すみません~いぬじんさん!続きは、明日!


 photo by Ryan McGuire