読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


はてなさんが、シークレット・サンタキャンペーンをやったなら~

f:id:yumejitsugen1:20131230131603p:plain

 

 

 Redditのことはご存じかと思う。英語圏のはてなブックマークのようなサービスで、面白いページを発掘して共有する仕組みだ。
 そのRedditで行われているシークレットサンタという仕組みが面白い。
 ことしはビルゲイツも参加して話題になった。
 シークレットサンタは、2009年に始められたのだが、同時期にそれと呼応して始められた「Reddit Gift」(仮想商店街)がよく売れており、その収益が、従来の広告費などを超える、Redditの収入の柱となるかもしれない、という。
 昨年のクリスマスシーズンには、44805個のシークレットサンタ・ギフトが交換され、今クリスマスシーズンには、Reddit Giftで、25万アイテムの商品が売れ、そのうちの14%はシークレットサンタプログラムに関連した販売だという。

 シークレットサンタって何か。
 はてなに置きかえて、説明してみる。

 はてなのシークレットサンタのページに行って登録すると、誰でもシークレットサンタになれる。(はてなIDと連動)
 シークレットサンタになったら、クリスマスなどのギフトシーズンに、贈り物をするべき、ひとりの人のはてなIDが紹介される。
 その人は、まったくランダムに選ばれる。
 そして、その人のIDとシークレットサンタのページの登録を見て、自分で何かのプレゼントを買って、その人に送る。
 そのとき、自分のIDを相手に知らせてもよいし、知らせなくてもよい。
 おおむね、2000円程度のギフトを送ることが期待されている。

 自分にも、同じようにして、見知らぬ相手からプレゼントが送られてくる。送ってくれたはてなIDがわかる場合もあるし、メッセージがついている場合もあるだろう。
 素敵なプレゼントで嬉しかったら、シークレットサンタでもらったもの!っていうページに投稿することもできる。

 
 つまり、みんなで秘密のサンタさんになって、プレゼントを贈り合おうよ、っていうことだ。単なるプレゼント交換と違うところは、はてなというサービスを使っているひとたちの間で、基本的にはてなIDのプロフィール付きで、ギフトを交換会し合うってところだ。

 

 そして、贈り物はどこで調達してもよいが、仮想商店街「はてなGift」でも買うことができるし、そこでは、「はてな特製」の商品や、はてなユーザーが好みそうなものがたくさん販売されているので、良かったら使ってね、と。


 なかなか素敵なアイディアだ。
 贈り物の好きなアメリカの人たち、チャリティやボランティアが活発で、善意を広げることにかけては、積極的なことが強く推奨されるアメリカならではの仕組みだと思う。 

 でも、もちろん、登録しておいて、ギフトはもらうものの、自分では送らないひとがいたらどうすんだ?という疑問がわく。
 そのため、そういう人たちに、ギフトを送ってあげるボランティアも募集されている。その役割をすると、自分は何ももらえないのに、自分からひとつ、そういう人たちにプレゼントを贈る必要がある。得られるものは、よくても感謝の気持ちだけ。ただしそれを行うと、普通は、完了するまでは1アカウントに1シークレットサンタしかできないもののだが、もうひとつ、同時進行でシークレットサンタができるようになるのだ。
 現在のところ、それでうまく回っているようだが、将来的にバランスが崩れたら、「万一、贈り物が届かなくてもごめんね」ということにする。(そう書いてある
 そもそも、基本的に、善意に基づく行為だし、見返りがないことを悔やむよりも、自分の上げたプレゼントで、誰かが笑顔になったことを喜びましょう、ということだ。


 ロイターの記事によれば、独特の感性(Geek Culture)をもつRedditユーザーたちが買うものも、特徴のあるもので、たとえば、あるアーティストの作品は、同時期のEtsyでの販売の4倍も売れたという。
 そういった特徴のあるアーティストにとっては、効率の良い販売チャネルになりつつあるとのことだ。 

 うまく回りだしてみれば、さもありなんだけれど、Redditのやりかたはうまいと思う。
 単に物販サイトを始めるのではなく、いわゆる善意にもとづくGiftキャンペーンとからめて始めて、それが話題になればなるほど、ユーザーの善意とともに、販売サイトの収益も伸びていく。


 このキャンペーンを、はてなさんにこのままやって欲しいってわけじゃないけれど、はてなさんにも、こういった素敵なキャンペーン、やって欲しいな!