読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


数年の間に、妻と娘ふたりと兄を失った男性がみつけたものは・・・

f:id:yumejitsugen1:20131210063157j:plain

 

 教師でテニスプロ。
 奥様とは高校時代に知り合い、2人の娘を授かった。
 絵に書いたような幸せな人生。
 だが・・・
 

f:id:yumejitsugen1:20131210063344j:plain

 

f:id:yumejitsugen1:20131210063405j:plain

 

 兄をアラスカの海難事故で失った。
 ちょうど同じ頃、奥様がガンであることがわかる。

f:id:yumejitsugen1:20131210063435j:plain


 2年後、奥様はこの世を去る。
 娘ふたりと再出発。

f:id:yumejitsugen1:20131210063503j:plain

 
 だが、数年後、娘ふたりと祖母の乗った車が大型トラックとの事故にあう。
 3人とも亡くなってしまう。

 

f:id:yumejitsugen1:20131210063616j:plain


 テッドは、アルコールやドラッグ中毒患者たちを収容するクリニックに行く。
 あまりの悲しみに生きる力を失っていたテッドは、幸い、アルコールともドラッグとも無縁だった。
 そして、そこで自分の生きる道をみつける。

f:id:yumejitsugen1:20131210063848j:plain


 自分のように、大切な人を失い、深い悲しみに捉えられ、

 I'm sad, I'm loss, I'm scared, I am frozen, I can't move forward 
    悲しくって、寂しくって、怖くて、凍りついたみたいで、前に進むことができないの

 
という人たちのためのサンクチュアリをつくるのだ。
 自分の人生を、愛した人の喪失に悲しむ人たちのために、捧げて生きるのだ。
 それは、自分自身の悲しみに向き合い、自分自身を癒やすことでもある。

f:id:yumejitsugen1:20131210064204j:plain


f:id:yumejitsugen1:20131210064121j:plain

 

 そうして、テッドは、ニューメキシコの大自然の中にサンクチュアリをつくった。
 そこに、喪失の深い悲しみのために立ちすくんでいる人々を受け入れている。
 まさに、そこは、常に前へ勧め、競争に勝てという現代社会の狩人たちから逃れることのできる、サンクチュアリ(保護区)なのだ。

 




*テッドさんは2001年に、Golden Willow Retreatという非営利組織を立ち上げ、喪失の悲しみに苦しむ人たちのためのセラピー、カウンセリング、 教育、ワークショプなどを提供されています。今の奥さんのマルセラさんがその活動を支えておられるそうです。