読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


オリンピック東京開催に対する世界のTwitterの発言は80%以上が「歓迎」!

 f:id:yumejitsugen1:20130908085210j:plain

東京へのオリンピック誘致が成功した。
関係者の皆さんに最大限の感謝と賛辞を贈りたい。
不安材料はたくさんあるが、安倍首相をはじめ日本の指導者たちは、不可能とも思える、針の穴を通すような道筋を通って、日本を繁栄の軌道に導こうとしているようにおもえる。
こうなった以上、自分にできることで、頑張っていきたい。

ところで、ネット上での海外の反応ってどうなんだろう、と思った。
たとえば、reddit(アメリカ版2ちゃんねるのようなもの)では、複数のスレッドに様々なコメントがついている。(例1例2
東京の決定を祝福していただいているコメントが優勢だ。
スペイン・マドリードは国の財政状況の問題が大きく、イスタンブールは隣国シリアや国内の政情問題があり、東京の選択は妥当との見方が主流のようだ。
もちろん、中には否定的なコメントもあり、「東日本大震災からの復興という面をセールスポイントに使いすぎている」とか「2018年の冬季オリンピック
ピョンチャン(韓国)、2020年の東京と、ライブで見れないオリンピックが続いちまう」などと言う声もあった。(僕の見たスレッドの中には、案外、放射能汚染に関する心配を表明しているコメントはあまりなかった)

redditのコメントをそうして100近く読んだのだけど、全体の雰囲気はどうなのか気になって、Twitterでの発言を検索してみた。
Twitterの発言の中には、放射能汚染に関する言及もあった。
でも、祝福や「嬉しい!楽しみ!」っていう発言が多いので、その割合が知りたくて、Twitter上での発言がポジティブなのか、ネガティブなのか自動判定するソフトがないのかと思って探してみた。

そういったソフトを数個みつけたが、現在、無料で使えて、今回のオリンピック誘致に関するデーターを分析できるのは、

Sentiment140


というウェッブサービスだけだった。
このサイトで、たとえば、「Tokyo Olympics」と入れてボタンを押すと、このような画面が現れる。
上部に、ポジティブな発言(緑)とネガティブな発言(赤)の割合が円グラフと棒グラフでシンプルに表示される。
下部には、実際にデーターとして採録した発言の一覧が表示される。
ポジティブな発言としたものは、緑で、ネガティブな発言としたものは、赤で、背景の色付けがなされている。

 

f:id:yumejitsugen1:20130908085248j:plain

 

f:id:yumejitsugen1:20130908093138j:plain

データーの総数は38件に過ぎないけれど、ポジティブな発言が92%と圧倒的である。
このサイトの解析は時間が経つにつれ、データー量が増えるのではなく、ある一定時間内のものを解析の対象とするようだ(少し時間を置いてボタンを押すと、データー数はさほど変わらないのに、結果は微妙に異なっている~~上の全体画像と下のグラフの画像が異なっているのは30分ほど時間間隔を開けたため。先に試した結果ではポジティブは86%だった)。


f:id:yumejitsugen1:20130908084555j:plain

f:id:yumejitsugen1:20130908084433j:plain

なお、「Tokyo Olympics」のほかに、「Tokyo Olympic」や「Tokyo 」と入れて検索してみたところ、上記のように、ほぼ同様にポジティブな発言がほとんどであった。

f:id:yumejitsugen1:20130908084400j:plain
ところで、このサイトでは、英語のほかにスペイン語の解析もできる。
スペイン語で同様の解析をしたら、残念ながら結果はゼロであった(なぜ? スペイン語の
Olímpicos でも同様)。

 

f:id:yumejitsugen1:20130908093812j:plain

しかし、「Tokyo」と入れてみると、計26個の発言が得られ、ネガティブな意見が15%含まれているものの、85%は東京の開催決定に祝辞を送るものであった。
スペインの人たちを多く含むので、スペイン語でtiwtterをしている人たちの多くが、マドリードを推していたと思うが、それでも、今では、ほとんどの人が、エールを送ってくれているのだ。



こうしてみると、世界の人々は、おおむね東京開催の決定を歓迎してくれており、それを楽しみにしてくれていることが痛いほどわかる。

彼らの期待に、なにがなんでも、応えれるよう、それぞれが頑張らなくてはなあ、と思った!


PS Sentiment140の解析はデーター量としては少なく、僕がredditで読んだコメントの趨勢も、統計的には検証に耐えるものではないかと思います。また、データーは英語とスペイン語による発言のみ対象としています。あくまで、ネットで見かけた私的な印象としてお考えください。