読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


「僕らを信じてくれてありがとう!」ある校長先生の退職。あなたも絶対に涙する動画!




最近、とみに、涙もろい。
この動画を見つけて何気なく見ていたら、泣けてきた。


校舎を建て替え中の学校を案内する校長先生。
自身も、定年退職だ。
施設を説明しつつ、屋上に上がると、生徒たちが校庭に集まっていて、校長先生が予想もしなかった、こんなフラッシュモブを。

JOURNEYの「DON'T STOP BELIEVIN'」に合わせて踊る生徒たち。

プラカードに掲げられた言葉は、

"Thank you for believing in us" (僕らを信じてくれてありがとう)


この校長先生は凄い。
教育者として、キャリアを終えるときの、望みうる最高の花道だろう。

で、涙しながら、思う。

でも、教育とビジネスは、出発点も違うし、目的も違うし、到達点も違う。
ひとりの人間が、同時に、最高の教育者であり、ビジネスマンであるというようなことは不可能だ。

では、僕は、自分のキャリアを終えるとき、どんな光景が現れたら、最高の人生だったと言えるのか。

そいつを具体的にイメージしてみようとしたら、すぐにはそれが浮かばないことに気づいた・・・・

あなたは、キャリアを閉じるとき、どんな風になるのが理想なのか、ちゃんと描けてますか?