読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


ブログにネタに困ったら、コーヒーではなく、ビールを飲めっていう話

f:id:yumejitsugen1:20130615093847j:plain
by williamcho


朝っぱらからビールを飲んでいる。
だが、これには、深い理由がある。

普段は、ブログは、朝7時まで、最悪の最悪でも朝8時までに書くと決めている。
それ以上時間をかけると、本業に差支えがあるからだ。
だけど、今日は、事務所は休みで、もちろん、やらなければならないことは山積みだけど、8時までに、という時間の区切りはない。

で、ついつい、ダラダラと何を書こうかと迷ってしまう。
できれば、何か、ブックマークがうんとつくような、素敵な記事を、と思い、そう思うと、難易度がどんどん上がって、ますます迷ってしまう。
どうせ、ブックマークをつけていただいたところで、知れているので、まあ、なんでも良いのだが、というか、すでに、ビールが回って、支離滅裂になりかけているのだが、ともかく、ブックマークしてね! じゃなかった、ブックマーク目当てに、記事なんぞ、死んでも書かない。

いや、しまった・・・
スーパードライわずか320mlで、やばいことになりかけている。
じつは、この文章で、いまから書くことを証明しなければならないのだけど、そう考えると、さらに、難易度が上がって、ここで辞めたくなるけど、やっぱり、やめるわけにはいかない。
なんせ、ブログのネタと自分の才能のなさに、号泣を繰り返しながら、ここまできたのだ。
やめるもんか!

いやいや、タイトルは、釣りではなく、ほんとうの話だ。

Drink Beer for Big Ideas, Coffee to Get Them Done

この記事によると、あっ、ちょうどいい機会だから書いておくけど、こうやって英語の記事を紹介するとき、うんと辞書使いながら書いてるし、ちょっと、自身のないところ、いや、自信のないところは、すっ飛ばして紹介してるからね!、で、ともかく、この記事によると、ブログのネタがないときは、コーヒーを飲むより、ビールを飲んだほうが良いんだと。

ネタを考えるときって、要は、頭のなかに蓄積されたいろんな要素を、いろいろ結びつけてみて、なんだか、新鮮なもの、少なくとも自分じゃ新鮮に思えるものを、作り出すってことなんだけど、それには、アルコール成分が、キクって話だ。

ネタに悩みぬいて、そいでもっても、それを知ったから、オレは、コンビニに走って、朝からビールを飲んでいるってワケなのだ。

いや~~~とっても、納得するよね!
だって、アルコールが少し入った時って、注意力散漫になって、運転なんてとってもできないし、無礼講がご法度とかわかっていても、無礼とも思わず、いろんなことを言っちゃって、あとで、めっちゃ後悔するんだけど、たまに、「あ~~オレって天才?」って思えるぐらいのこと、言ってるよね!
そういうこと、科学的にも、証明されてんだって!

この記事に紹介されている実験によれば、18人の広告クリエーターをふたつのグループにわけて、片方には好きなだけ酒を飲ませる、片方のグループには、酒はなし。
で、課題を与えて、その結果をプロに評価させた。
すると、ベスト作品5つのうち、4つまでが、飲ませたほうの作品だったらしい!

おう、そうか!
やっぱり、そうだったんだ!
なんのことはない、ブログのネタがない、アイディアがでない、とうんうん悩んで、コーヒーを何倍もがぶ飲みしてた、僕は、まったく、馬鹿だった!
これからは、アイディアに詰まったら、すかさず、ビールだ!
なんだ、僕が、大昔から、思ってたとおりじゃないか!

でも、やけに、びっくりマークが多いな。
抑制が効いてないぞ・・
それに、眠くなってきた。

この記事によると、アイディアが出たあと、文章を書く段階になると、コーヒーがいいんだって。
カフェインは、アデノシンという脳内の活動を抑える神経伝達物質を抑制するので、疲れ知らずに、いくらでも、緻密な思考ができるもんね、だから文章もすらすら、どこまでもいけるよ、というふうに働くらしい。

と、いうことで、いま、アイスコーヒーを入れて、がぶりと飲んだ・・

でも、もう、書くことがない。
本当は、これから冴えるはずの頭で、上に書いた文章を、磨き上げることだってできるんだけど、いまのところ、眠くて、面倒くさいので、これでやめることにする。

酔っぱらいに最後までお付き合いいただいたあなたに、感謝感激雨あられ。