読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


ロシアの女ムツゴロウさん、氷点下の海で、全裸でイルカと戯れる

f:id:yumejitsugen1:20130529063137j:plain
by midnights garden




お腹が出てきた。

座ったとき、お腹が、ベルトに乗って、なんだか苦しい。
ちょっと、油断すると、こうなってしまうのだ。
そもそも、犬の散歩以外はほとんど動かない省エネ生活なので、エネルギーはあんまり要らない。
運動しないのなら、食べなきゃいいのだ。
わかっちゃいる。
だけど、小腹が空いたら、ついつい、スタッフのみんながつまめるようにおいてある、ハッピーターンやらキットカットやらを、バリバリ食べてしまうのである。

最近、テレビで見て、イタク納得したことがある。
小さな子どもをお菓子とともに、部屋に残す。
食べちゃだめだよ、食べなかったら、ご褒美あげるね、と言い残して。
それの実験で、我慢できた子と我慢できなかった子のその後を追いかけたところ、我慢できた子はおとなになって成功している率が高く、我慢できなかった子は、問題を起こすおとなになっている率が高かったという。

あまりに、イタイ実験ではないか。
人生を豊かに生きる肝心カナメは、やっぱり「刹那の欲求を我慢する」こと、なのだ。

で、はい、僕は、刹那の欲求を我慢できない子です。
僕の人生が、荘厳な高みに至りそうにないのは、それが原因です。
お腹を見ればわかります。


ところで、今朝、こんなニュースをみつけた。

*ロシアの女性科学者ベルーガ・イルカと氷点下の海でハダカで泳いで触れ合う
Pricess of whales: How a naked female scientist tries to tame belugas in the freezing Arctic )

いやあ、びっくりした!
このニュースサイトには、ナタリア博士が全裸で、ベルーガ・イルカと泳いでいる写真が、何枚も掲載されている。
なぜ、ハダカか、というと、ナタリア博士によると、ベルーガ・イルカは、ウェットスーツなどの人工物の接触を嫌うから、ということらしい。
水の温度は、マイナス1.5度、でっせ!
(*ちょっと、セクシーな写真なので、思わず、照れ隠しに、おっさん口調になってしまった。)
しかも、彼女はヨガの訓練もしていて、10分以上、潜れる、というのだ。


ムツゴロウさん顔負けの、根性の座った女性科学者ではないか!


ああ、僕が、大昔の夢の通り、海洋学者になっていたら、ハダカで氷点下の海に飛び込むことができただろうか。
絶対、ムリ。

しょせん、彼女は、僕とは違うグループの人間なのだ。
子供の頃、我慢できた子のグループにいたに違いない。


だって、それが証拠に、彼女のお腹は、ぜんぜん、出ていないのだった。