読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


ネズミの帯留を3Dプリンターでコピーしてみようとしたが・・ (届きそうで届かない3Dプリンターが切り開く未来)

勇んでアメリカから取り寄せた3DプリンターCubeであるが、いくつか簡単なものをプリントアウトしてみたあと、ゼロから自分でファイルを作ってみようとして、そこで停滞している。

なぜかというと、前にも書いたように、3Dプリントできる、STLファイルをつくるためには、いわば、そのソフトをマスターせねばならず、それが簡単じゃないのだ。
球体や立方体をつくり、そこに少し手を加えるぐらいのことは簡単にできるが、たとえば、猫の姿をつくってみようなどと考えると、まったく、途方もない手間と論理的な思考が必要なのだった。

樹脂粘土をこねるほうが、何万倍早い。
1万個つくるなら、ひょっとしたら、プログラムを書く価値はあるかもしれないが・・・

で、いま、一番使いやすくて、安そうなソフト Cubify Inventをマスターしようと思いつつ、かといって、マスターしたからといって、秘密のアッコちゃんやサリーちゃんのフィギュアのデーターは書けそうになく、未来を買ったはずが、正直なところ、その未来が立ち枯れしそうな雰囲気である。



3Dプリンターの家庭、ホビー分野へのさらなる普及のためには、もっと、簡単な、3Dデーター制作ソフトの開発が必須と思う。
ただし、この分野は、昨日今日開発された分野ではなく、CADの改良によって、相当進んでいるはずだから、2次元の画面上で、3次元の設計図をつくるということは、その直感的な操作性において、どうしても超えられない壁があるのかもしれない。
パソコンのモニターも、いつか、3次元モニターになるかもしれないし、それまで、待つ必要があるのかも。


ところで、Cubifyは、まだベーター・サービスであるが、最近、Cubify Captureというキャプチャーサービスを始めている。
キャプチャーしたい立体の写真を50枚程度、もしくは、ビデオを登録すれば、無料でSTLファイルに変換してくれる、というものである。

f:id:yumejitsugen1:20130309102721j:plain


おお!それを待っていたんだ!
そんなことができるなら、すでにあるものなら、簡単に3Dコピーできるじゃないか!
キャプチャーのための機器はすでに10万円程度で買えるはずだが、このサービスは、無料である。
シメシメ、ついに、未来が、自分から、僕のもとにやってきたか!

そういえば、コピーしてたくさんつくれば、うんと儲かりそうな帯留がひとつあった。
大根にかわいいネズミのこいつだ!


f:id:yumejitsugen1:20130309094854j:plain


さっそく、この帯留めの写真を、撮影することにした。
注意書きによると、

1)様々な角度から撮る(できれば、50%ぐらいは同じところを重ねて、ずらすように撮っていく)
2)焦点をあわせる
3)写真は加工せずにアップロードすること
4)写真のサイズは2M程度が良いとのこと

ふむふむ。

この帯留を転がらないように糊の上にのっけて、周囲を回りながら、数十枚写真を撮る。

f:id:yumejitsugen1:20130309101547j:plain


この写真を、ここに行って

f:id:yumejitsugen1:20130309101609j:plain


Photoのほうを選び、

f:id:yumejitsugen1:20130309102013j:plain


画像を選んで、CHOOSE IMAGESボタンをオン!
画像サイズ、枚数にもかかわらず、アップは1,2分で順調に終わる。

f:id:yumejitsugen1:20130309102442j:plain



名前をつけて、ボタンを押せば、登録成功!
30分以上かかるから、メールの連絡を待て、との指示。

おお、簡単じゃないか!
写真を撮るのはちょっと面倒臭かったけど、あとは、早い!
シメシメ、これで大儲け、と思って、メールをチェック。
おお、早くも、できたか!
Cubifyからメールが来ている。

f:id:yumejitsugen1:20130309103328j:plain
「エラーがあり、キャプチャーは失敗しました」とのこと。

なぜだ?
もう一度、やり直した。
今度は、なるべく背景に、余計なものが入らないようにし、外に出て、太陽光のもとで撮影した。

f:id:yumejitsugen1:20130309110020j:plain


今度は、裏の紐を通す部分を諦めて、主に表を撮影した。
また、対象物の周りを回って撮影するのはたいへんだとわかったので、今度は、紙の上に置いて、紙を回して撮影した。


シメシメ。
今度こそ、大儲けだ!

ところが、登録して、すぐに、また同じメールが・・

理由が分からない。

やっぱり、欲を出して、細工の細かい帯留にしたのが、そもそもの、間違いかな。
よし、三度目の正直!

なぜか机に残っていたコーラのおまけのフィギュア。
これなら、簡単だろう。

f:id:yumejitsugen1:20130309105928j:plain


そして、さらに慎重に撮影。

f:id:yumejitsugen1:20130309105950j:plain



そして、登録!
神様、よろしく!

しかし・・

しばらくして送られてきたメールは、やはり、

「エラーがあり、キャプチャーは失敗しました」


たしかに、未来は、すぐそばに来ているのだが、あと一歩のところに、また、大きな壁があるようだ。
また、進展すれば、報告します・・
とほほ。

(追記 ついに未来は開かれました! その後 )

 

 *過去記事

 

(1)乗り遅れるな! ホーム3Dプリンターが生む新たなゴールドラッシュに
(2)未来を買う! Cube 3Dプリンターを注文した!
(3)ホーム3DプリンターCubeで、製造開始!
(4)最大級のワクワク続く! (ホーム3DプリンターCube用のSTLファイルをつくる方法)
(5)エロがネットを、ガキが3Dプリンタを、我らに!
(6)ホーム3Dプリンター用に3Dファイルをつくる方法~苦戦中


*その後の記事

 (7)3D化した未来のパソコンはこうなる!(あるモノを3D画像化、プリントアウトしようとしたが・・)

 (8)ついに未来は開かれた! (3DプリンタCubeとiPhoneで簡単にキャプチャー、プリントアウトする方法)