読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICHIROYAのブログ

元気が出る海外の最新トピックや、ウジウジ考えたこととか、たまに着物のこと! 

★★★当ブログはじつはリサイクル/アンティーク着物屋のブログです。記事をお楽しみいただけましたら最高。いつか、着物が必要になった時に思い出していただければ、なお喜びます!お店はこちらになります。★★★


ショーバイ、商売、悲しきかな、楽しきかな

f:id:yumejitsugen1:20120918060355j:plain

 

 

アンティークやリサイクルの着物は、おもに、業者間の競り市で仕入れる。
プロの競り市では、みんな生き残りに必死なので、いろんなドラマや、ダマシなども行われる。

素晴らしいモノとおもって、高値で落札したら、大事なところにツギがあった、とか。
証紙がついていると思って買って持って帰ったら、別物の証紙が貼り付けてあった、とか。  
持って帰ったら、どこかの店の値札がついていて、落札価格より安かった、とか。
やけに競り上がってくるなと思ったら、その相手がこっそり出品している品物だった、とか。

男物の着物のヤマを安く落札して持って帰ったら、羽織の裏にダッコちゃんがついていた! なんてことも、まったくないではない。
が、100回泣かされるあいだに、1回あるかないか。

そうは問屋がおろさない。
人間ってやつは、なかなか抜け目がないものなのである。

こういう競りでは、出品者の名前を伏せて売ることができる。
そのため、売れ残りの品物を、別人の出品者Xのものとして、出品することも、頻繁に行われている。
その出品者が、競りに参加して、競り上げることもできる。

そもそも骨董の市場では、なんでもありである。
何があっても、「騙されたほうが悪い」であり、徹底している。
「騙される程度の眼」で、何がプロか、というところだ。
着物の市場でも、そういった方針を色濃く受け継いでいるところも多いのである。


僕はそういうことは嫌いなので、 過剰な在庫を競りで売るときは、ちゃんと、自分のモノとして売る。
しかし、安い。
驚くほど安い。
みんな、どうせネットに出したものの売れ残りだろう、と思うのか、買値の何分の一かになってしまう。
まあ、それも、しかし、仕方あるまい。


さて、あるとき、競り市で大量の襤褸(ボロ)が出た。
襤褸というのは、使い古してとろとろになり、不思議な魅力を持つにいたった古布のことを いうのだが、この襤褸は、世界的な人気がある。(上の写真も一例)

ちょっと、ボロさが、もうひとつだな、と思いながらも、ほどほどの値段で落札していった。
パッキン3ケースぐらいになっただろうか。

途中から、ちょっと、嫌な予感はしていたのだ。
やっぱり、あんまり、綺麗じゃない、ボロさが足りない。

事務所に持って帰って、じっくり見たら、懸念は的中していた。
やまのように買い入れた襤褸だけど、僕が良いと思うものは、ひとつもないのである。
売りたくても、サイトに出品したいようなものが、ひとつもない。

出品者が悪いというわけではない。
そもそも襤褸の評価は、見る人によって千差万別である。
それに、僕はちゃんと見せてもらって競り勝ったわけで、出品者に文句を言う筋合いはこれっぽっちもない。

仕方がないので、パッキンに戻し、倉庫の隅にほおり出しておいた。

半年ぐらいして、倉庫が一杯になってきたので、その襤褸を市場に出すことにした。
捨てるには惜しいし、きっと、いくつかは欲しいひともいるだろう、と思って。

ある市場にそのパッキンを持っていき、主催者に渡す。
「いくらでもいいから、売っちゃって」
「おまえのってわかったら、安くとられるから、名前変えてだそか?」
「いいよ、俺の名前で。損は覚悟してるから」

そして、ぼくの出品の番が回ってきた。
襤褸のパッキンは、前、競り人の後ろに置かれ、気を使ってくれた主催者が、
「いい襤褸があるよ~!」とか言って、盛り上げようとしながら、襤褸を何枚かずつ出して、競りにかけてくれる。
「え~~? いつも買ってんのに、なんで売ってんの?」などと、業者から声がかかる。
「いや~~たくさんあるし、好きじゃないから~~」などと答える。


そんな風に競りが進み出した時、 一生懸命競りをすすめてくれている主催者の後ろに、積み上げたパッキンに文字が見えた。
太いマジックで、黒々と、大きく書かれているのだ。

「ダメらんる」と。 

思い出した。
がっかりして、パッキンに戻した時、自分に対する怒りを叩きつけるように、そう書いたのだった。 

主催者は、一生懸命、盛り上げようとしてくれている。
「ちょと、ボロ具合は足りないけど、これは、藍がいいねえ~~! 高いよ~~!」
そして、そのすぐうしろに、「ダメらんる」の文字。

僕はあまりのことに、我慢ができず、吹き出してしまった。
いったん吹き出してしまうと、もう、笑いが止まらない。
ひっくり返って笑っていると、
「どうしたん?どうしたん?」

で、先輩のひとりがついに、その文字をみつけ、

「『ダメらんる』って書いてあるわ。これ、 『ダメらんる』 やねんて」


 もちろん、かなり損をした。
まあ、日常的な損のレベルだったけど。


アンティーク着物の商売は、かくも悲しく、楽しいものなのである



(写真は 襤褸 「ダメ襤褸」じゃありません